大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

「合わない会社」なんて、願い下げでいい。

「合わない会社」なんて、願い下げでいい。

f:id:kantanstresskaisyou:20180921204746j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

就職・転職活動で多いお悩みとして「次の環境(会社)で、うまくやっていけるんだろうか…」ってのがよくあります。実際問題として、私も会社を辞めるまでに悩んだことと言えばソレでしたしね。

結局私は次の環境を探すことなく、独立のための勉強を始めて、現在に至るわけなんですが…これはなにも「会社なんて辞めて独立しろ!」のススメではありません。私はたまたま、会社員という道が適正上、ワーストだったというだけの話。

コチラの記事でもそんな話しましたかね…。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

それはさておき、以前の環境がうまく行かず、次の環境に行きたい!って相談を受けた場合、カウンセリングで必ずうかがうことがあるんですよ。今日はそのお話しをしていきたいと思います。

目次

■会社のあなたと、プライベートのあなた。

そのうかがうことって言うのは…

「ぶっちゃけ、会社でのあなたとプライベートのあなた、どれぐらい差があります?」

ってこと。

この差が大きくなるような環境は選ばない、ということをおススメしています。つまるところ、就活テクニックやらで穴を埋めようとするな、ってことですよね。

■テクニックは、ミスマッチの原因になる。

では、なぜ就活テクニックで穴を埋めようとするのが良くないか、っていうと…ミスマッチの原因になるから、なんですよね。

就職活動で必死な時は、とにかく「引っかかれ!」って意識が前に出がちで、自分の人格のことがおざなりになるんですよね。だから、就職自体がうまく行ってもその後でうっかり素が出たりすると、評価がガクンと落ちてしまう原因になったりするんですよね。

こういうの、アホみたいやないですか。せっかく就活に時間をかけても、裏目に出てしまうことも珍しくないんですよね。

■「素直なまんまで」できる限り行動しよう。

だからこそ「素直なまんまで」できる限り行動することを心掛けてほしいんですよね。

受かりたいがあまりに自分をよく見せたい気持ちは分かりますが、私自身もそこで大コケかまして(自分のエピソードトーク、ウソではないけど盛った感じにはなってたと思います)結局、1年持ってないんですよ。当時の上司曰く「すぐ採用を決めてくれた」にも関わらず。これじゃあ、お互いにガックリ来ると思うんですよね。

素直な気持ちで行動してダメだったら、それはそれだと思うんです。「合わない」のであれば、採用されてしまう前の方がいいんですよね。

つまるところ、合わないのであれば「こっちから願い下げ」ぐらいの気持ちでイイんです。そうやって強気に行動していれば自信も出てきて、道が見つかってくると思うんですよね。

 

★ 「素直に行動する」コツについては、以下の記事でもお話ししています。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp