大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

のん気に「自分に合う」形でやっていけば、結果は勝手についてくる。

のん気にやってる方が、うまくいく。

f:id:kantanstresskaisyou:20191014081441j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

最近改めて思いますが…ほんっと、私はのん気やなぁと思います。ブログの更新ペースも正直全然大したことないですからね(笑)。マイペースに「やりたい」と思ったことをやって、「やりたくない」と思ったらやめて…その繰り返しで生きています。

当たり前、ではあるんでしょうけど…カウンセラーの仕事を始めたてのときはそりゃぁもう、やることだらけで忙しかったんですよね。知識不足を補うための読書だったり、ブログも認知のためにドンドコ更新して、PRのためにお茶会の開催をしたりも…。

で、そのころと比較していま、どうかと言われたら…今の方が完全にヒマ。特に、お茶会は完全に止めました(笑)。

だけど、収入も含めたビジネス安定度は今の方が断然、上。努力を減らしたのに、なぜなのか…。今日はその辺りのお話を…。

続きを読む

私は「自分が使えない人だ」と自分で思ったから、会社を辞めた。

私が、たったの新卒9か月で退職、という大きな決断を下した理由をお話しします。

f:id:kantanstresskaisyou:20150815123023j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私が、会社を辞めるという決断をするまでは早かったんですが、そっから実際に行動に移すまでには、当然ではありますが時間かかりました。抑うつ症を発症した瞬間、「辞める、もう限界」って気持ちは強かったものの、この程度でやめていいものか…というように、なんか「道がふさがる」ような感覚がありましたから迷いました。

これは、会社員という立場を手放した後のことが想像できないというところが大きかったです。とにかく、会社を辞めるという体験自体が当然ながらなく、周りに私より早く会社を辞めた人もいなかったので情報を仕入れることもできず、不安でいっぱいな気持ちだったんですよね。

そりゃぁ、分からないことに対しては、リスクを中心に考えるのが普通ですから、今でも慎重に判断し、迷ったことはよかったと思っています。もし何もイメージせずに会社を辞めていたら、おそらくしんどい目に遭っていたかなぁと思います。

では、それでもなぜ、私が会社を辞めたのかというと…結局は、「あぁ、オレってここでは使えるようにならないよなぁ…」とふと思ったからなんですよね。こういう考えに至った背景を、以下で説明していきますね。

続きを読む

調子が悪いときは、ほんとに少しでいいから素直に仕事を休むが吉。~結果的にその方が仕事も早いよ、というお話。

調子が悪いときは、素直に、調子が悪いでOKなんですよ。

f:id:kantanstresskaisyou:20151130110411j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日のテーマは、仕事を安定してこなすために重要な考え方ということでお話ししていきたいと思います。

私の業界は、心を扱う業界。そして、私はカウンセラーとして活動している以上、自分自身の心の安定感は欠かせないものです。ただ、正直なところ同業者の話を聴くと、おいおい、大丈夫かいな…と思うことも結構多いのが実情です。カウンセラーとしてそこそこ食っていけるようになるまでには時間もそれなりに必要なこともあり、むしろその状況に心を病んでしまって脱落していった同業者も数知れず…コレ、おかしいでしょ?医者の不養生と言いますか。

ただ、そういう私もこの状況になりかけたことがあったんですよね。初年度は働けど働けど収入がなかったのは、以下の記事でお話しした通りです。このときは、不安がグーッと襲い掛かってくることも多かったです。(詳細はリンク先からご覧くださいね)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

ただ、そんな状況でも「あること」を自分に許可していたから、大きく沈みこまずに仕事を続けることができたんです。

続きを読む