大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

どうでも「いい」と思えたから、生きるのがすごくラクになったという話。

どうでも「いい」と思えると、気分はものすごくラク。

f:id:kantanstresskaisyou:20170130111917j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日はちょっと、言葉のあや、みたいな話を…。意外と私自身、気分がラクになったので、シェアしたいと思います。

どうでもいい。

こう書くと、マイナスイメージ以外連想されませんよね?無関心、投げやり、自暴自棄…正直、どうなんよそれ、って思う方が多いんじゃないかと思います。

ただ、どうでもいいという言葉をちょっと分解してみると…

どう、でも、いい。

ちょっと、ニュアンスが変わる気がしませんか?どう、と、でも、と、いい。この3つが意味を持ったまとまりとして、言葉のニュアンスを少し変えてくれているんですよね。この言葉を、もう少し丁寧に意味づけしてやると…

どのようであっても、いい。

なんだか、気分が楽になりませんか?可能性が広がって、どういう状態であっても、OKなんだ、って形に感じられると思うんですよね。このように、一見するとあまりよろしくない意味の言葉でも、少し角度を変えてやるだけでこんなに印象が変わるものなのです。今日はその「物事の角度を変える見方」の大切さをお話ししようと思います。

続きを読む

自分の理想の生活に辿り着くために、今すぐできる第一歩の話。

自分の「理想」に辿り着くために…

f:id:kantanstresskaisyou:20180919140455j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

昨日ふと、最近の自分の生活を振り返ってみると…ゲームやって、お茶飲んで、ご飯食べて、メルマガ書いて、野球観て…ってな感じで成り立っているなと認知しました。率直に、普通の生活からは程遠いな、と思います。夜もかなり遅かった(久々に、徹ゲーに近い感覚…)ですし。

ただ、こういう生活は「今の時点での」理想的な生活に限りなく近い、と思っています。自分の好きに時間を使っている、という感覚はありますしね。

私は、このブログを読んでくださっている方にもぜひ、自分自身の理想とする生活に辿り着いてほしい、ってことを思っています。今日は、その「理想的な生活」の実現のために「今すぐできる」簡単な考え方の話をしたいと思います。

続きを読む

自分の過去は「呪う」よりも「芸の肥やし」にした方が得。

あなたの過去は、芸の肥やしになる。

f:id:kantanstresskaisyou:20170516112903j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

…あなたには、「過去」がありますか?

まぁ、もちろん誰しもあるんですけどね(笑)。私は今まで、結構やらかし気味の人生だったので、公言しないタイプの過去もそこそこあると思います。

ただ、この「過去」の捉え方って結構大切だと私は思っていてね。というのも、この捉え方によって人生の「明るさ」が大きく変わってくるからなんですよね。それでは、以下で詳しくお話ししていきたいと思います。

続きを読む