大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

思ったことを言い、思ってないことを言わなければ、周囲から「偽り」は消えていく。

思ったことは言う。思ってもないことは言わない。

f:id:kantanstresskaisyou:20170905140901j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

こないだ、こういう記事を書いたんですけども…

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

ちょっと補足的にお話ししたいことがあったので、今日はその話をします。

私、昔から今にかけて、ずーっと意識していることがあって。

それは、思ったことはひるまずに言う。そして思ってないことは言わない。っていうこと。

例えば、私は人から見ると結構すぐ「かわいい」って女性に対して口にするみたいで相手から「お世辞でしょー?」とか言われても、「いやいやマジでかわいいから」って素直に言います。その一方で、他の人がいくら「すごいすごい」言ってたとしても、自分自身が大したことない、と思っていたら、決して「すごい」とは言わないようにしてます。

この結果、上にリンクを貼った記事のように「真っ当」と自分で思える評価がやってくるようになったんですけど、この「真っ当」な評価がもたらすメリットって想像以上に大きいんですよね。以下で、お話ししていきますね。

■真っ当な評価には、真っ当な評価を…。

「真っ当な評価」をされると、やっぱりそれをお返ししたくなるというか…。

いわゆる「好意の返報性」ってヤツかもしれませんが、相手のことも真っ直ぐ見よう、って思えるようになっていくんですよね。で、このことがまた、真っ直ぐな評価が帰って来るきっかけになっていくんですよね。

そりゃそうですよね。真っ当に見てくれているんだから、せめて自分なりに真っ当に相手のことも見たい、と思うのは当然のことだと思います。

■真っ直ぐな目線は「偽り」を退ける。

こうやって、真っ直ぐに見つめていると、やっぱり「邪(よこしま)」な人がいなくなっていくんですよね。例えば、媚びるヤツとかね(正直、そういう人間が近くにいるって状態は本当にキケンだと思います。また別の機会にでもお話ししたいと思います)。 

結局は、媚びによって起こる結果って「事実と異なる」じゃないですか。だから、それを真に受ければ受けるほど、ドンドン人生が「逸れていく」わけで。

言ってしまうと、邪な人がいなくなってきて初めて、人の話を素直に聴いていい状態になるんですよね。邪な人の話を聴けば邪に、真っ直ぐな人の話を聴けば真っ直ぐに、っていうね。(つまりは、周囲が邪な人間だらけだと、話を聞けば聞くほど追い込まれていくわけでね)これも至極当然の話。

■あなたが「好きじゃない!」と思う環境から離れること。

この状態を実現する上で一番気を付けないといけないのが、やっぱり媚びる人間を寄せ付けないことだと思います。

すぐできる方法として、とても簡単なものがあります。あなたが好きじゃないと思う人が褒められている環境から離れること。そうすればひとつ、あなたの中にあるフィルターが剥がれていくと思います。その繰り返しで、あなたにとっての「真実」に近づいていくと思うんですよね。

どうせなら、真っ当に評価されたいじゃないですか。そのためにも、まずは思ったことを素直に言い、思ってもないことは言わないってこと。これを実行していくといいんじゃないかなと思うんですよね。