大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

「そんなことないよ」って、人に言わせるのを卒業しようって話。

無意識に、この言葉、求めていませんか?

f:id:kantanstresskaisyou:20180811104702j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

まず、このブログを見てくださっている方はおそらく、本当に悩んでいる。なんとかしたい。そういう気持ちはとりあえず持っているのかな、と思います。

…なんですけどね…。

こんなことを言うと元も子もないかもしれませんが、私のブログを読んだだけでは成果なんて出ません(笑)。実際に行動に移していただいた上で、自分自身の状況に応じて多少のカスタマイズをして、初めて成果に繋がっていくんですよね。

つまるところ、行動を起こす、が成果を出すための第一条件。だからこそ、行動を起こせるようにしていく必要があります。で、その「行動を起こすために」実は「やめてほしいこと」ってのがあります。悩んでいる方は結構やりがちなことだと思いますので、少しだけ腹をくくってお読みいただけると幸いです…。

目次

■「そんなことないよ」という否定に、安心を欲しがっている。

実は、なかなか変われなかった人にはとある「クセ」がありましてね…。

そのクセっていうのが「そんなことないよ」を引き出そうとしてしまっていること。これ、特に女性にありがち。

例えば…「私、ブスだから…→そんなことないよ」「私、全然仕事できないんです…→そんなことないよ」「私、モテないから…→そんなことないよ」ってな感じで、相手に否定してもらって、安心を無意識に欲しがっている状態。これはヤバいです。

※個人的に今までで一番びっくりしたのが「私のこと嫌い?→そんなことないよ」ってパターンですね…。この聞き方されると、嫌いなんて言えない…。

■「否定をさせる」ことが、元気を奪ってしまう…。

なんでヤバいのかって言うと、このクセは相手を疲れさせてしまうんですよね。つまり、周囲から元気を奪ってしまう⇒環境レベルが落ちる⇒うまくいかない、っていうことになりがち、というわけです。

ただし、カウンセリングの初期段階でこういうことが起きるのは覚悟の上…というか、仕方ない側面はあります。自尊心が傷ついた状態で門を叩く人が大半ですから、そんなことないよ、って言葉に救われる、ってタイミングはありますし、そのことが別段悪いとも思いません。だからこそ、カウンセラーはこういう言葉を受け止めきれる状態をキープしておく必要があると思っています。

だけど、私は「そんなことないよ」対応をした後で、こういう対応もします。

■人に認めてもらうより、自分が認めようよってこと。

それこそが、人に認めてもらうんじゃなくて、自分が認めるってこと。

さっきの例でいえば…そんなことないよ、なんて言われなくても「仕事、自分なりにやっている」と思っていいし、「自分の可愛さ」を認めていいし、「モテること」だって認めていいんですよ。

※これは、わざわざ「私、可愛いです!」みたいに口に出せ、ってことではないです。ただ、褒められたりしたら「ありがとう」って感じで素直に受け取ろう、ってこと。

で、自分で自分を認めていけば、行動は自然に起こせます。誰かの「承認」を求める時間が必要なくなりますからね。ですので、「そんなことないよ」なんて言葉を欲しがらずに、自分で自分のことを認めていく。このことを大事にしてほしいな、と思うんです。

★自分を大切にする第一歩として、こちらの記事もどうぞ。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp