読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

仕事ができる人がやっている、ごくごくシンプルな行動とは?

仕事が「うまくいかない」ときに読む記事

小さい行動でも、積み重なって自分自身を作っていくものだから…

f:id:kantanstresskaisyou:20161003191011j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

仕事がうまくいってる人、そうでない人…どうしても職業柄、観察眼を光らせて見極めをしようとするんですけど…ぶっちゃけた話、仕事がうまくいく人と、そうでない人の差って、そんなに大きいものではない、ってことが最近なんとなくではありますが、分かってきました。

というか、それこそ会社に入社したころは、そんな大きな差があるわけがありません。仕事を「知らない」という意味では同じラインでスタートしているハズですからね。ただ、年数が経っていくと、小さい差であったとしても、積み上がりによって大きな差になっていくわけです。

では、その小さな差とはなんなのか?今日はそれについてのお話しをしていきたいと思います。

■仕事ができる人がやっている、ごくシンプルな行動とは?

ごくごくシンプルなことなんですけど…

仕事ができる人って、単純な話、仕事を「やっている」んですよね。

例えば…知らない・わからない(新しい)仕事が出たときのことをイメージしてほしいんですけど…二手に分かれますよね?やる人、やらない人。

で、仕事を「やる」人はもしかしたら失敗をして、こっぴどく叱られたり、やり直しになったりして仕事量が増えるかもしれません。ですが、その経験をバネにして、できる仕事をどんどん増やしていけます。

一方、仕事を「やらなければ」、そのときに叱られることはないでしょう。仕事量が増えることもありません。ただ、経験値は増えていきません。いわばスライムばっかり倒してても、埒が明きませんよね。

実は、このパターンで仕事ができなかったのが私自身でね。

とにかく、わかんない、怪しい仕事はできる人に振ってばかりで、少しでも分からないとわざと残して、誰かがやるのを待っていたんですよね。なんとまぁ激しい受け身。その積み重ねの結果が、同期でダントツで仕事ができない、ってことだったんですよね。

■「わからない」仕事を、なんとかやってみた結果。

で、この苦い経験、やっぱ活かさないといかんよなと思いましてね。

私はフリーランスに転向してから「カウンセラー」としていろんな仕事をしてきたんですけど…基本的に「わからない」というだけなら仕事を受けるようにしたんですよね。

今まで仕事を受けた一例で言うと…心の安定に役立つテキストの作成、クライアントさんと一緒に遠足に行くプランニング、はたまた「セミナーの開き方コンサル」なんてものもやりました。これらはすべて「やり方はわからない」けど、なんとか調べたり、人に訊いたりとテストをしたりして、完遂できたものです。クライアントさんにも大変喜んでいただけましたし、現在こうやってブログを書くための礎になっているんですよね。

つまりは、やりゃぁできる、ってところでもあるんですよね。それが体感でわかったから、どんどん積極的に仕事をやるようになっていけました。

■分からない仕事から逃げるのはカンタンだけれど…

仕事ができない…そして分からない仕事からは逃げる。

こういう風に決め込むことはカンタンです。

でも、その結果起こることは「仕事ができない自分自身になる」っていうことです。正直、私はそういう人生がつまんなかった。だからこそ、わからない、ということで逃げずに仕事をしてきたつもりです。

分からない仕事から逃げていた結果、前職は半年しか持ちませんでした。分からないことも調べたりしてこなしてきた結果、現職はもう5年近くになってきました。雲泥の差どころではない、ですよね。

だからこそ、自分の可能性を狭めずに、まずやってみる、っていうのは本当に大事なことだと思うんですが…あなたはどう思いますか?