大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

理由もなくイライラしてしまうとき…もしかしたらそれ、「男の生理」かもしれません。

男にも、実はあるらしいんです…

f:id:kantanstresskaisyou:20190415205727j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日はこちらの記事の内容を読んで実感したことを記事にしていきたいと思います。

ent.smt.docomo.ne.jp

これ、最初に話を聞いたときは眉唾もんやなと思っていたんですが…ふと自分の行動を思い返すと「あれ?もしかして…」みたいなのが散見されました。

今日は私の体験を元にお話ししていきたいと思います…。

目次

■そういえば、こういう症状があったな、と…。

実は実感したのは昨日のこと…。いつもの通り話をしているはずなのに、なーんかイライラ…。なんていうか、気持ちが急く感じというかね。普段はものすごくのんびり生きているにも関わらず、ね。

そんでもって今日も、普段ならまったく気にならないタバコの煙*1にイラッとしたり、挨拶してもらえなかったことにイラッとしたり…。他には、生活リズムが整っているはずなのにとんでもない眠気が来たり、ごっつい甘いものが欲しくなったり…。

↓これ、そないしょっちゅうは食べないですが、昨日は無性に食べたくなりました…

 …これはひょっとして、って思ったんですよね。

■周期に当てはめてみたら、前回も同じようなことが…

で、生理周期の28日に当てはめて考えてみたら、今回イラッとした日の28日前にも、今まで別にイラッとしてなかったはずのことに気持ちが乱れて、ってことがあったことを思い出したんです。

このときも、正直急にイライラがきたなー、って感じで思っていたんです。

ちなみに言うと、私の生活スタイルは自由そのもので、誰かの顔色をうかがわないといけないような状況にはないので、「バイオリズム」によるものと考える方が自然やんな…と思ったんです。

■そういう周期がある、と知るだけでも…

今回、この「男の生理」について知ってみて、やっぱりホッとした側面が大きいです。

それこそ、ストレスの少ない生き方をしているはずなのになんで?これ以上ストレス減らさないといけないの?みたいに思ったこともありましたしね。

つまるところ、そういう周期があるんだ、ってことを知るだけでもだいぶ気持ちが落ち着くと思います。今日はそういう日やからいたわっておこう、無理せずに居よう、って対策を打てますよね。

ですので、もしわけもなく、普段よりイライラするなと思ったら、今日はそういう周期かも?と気を付けてみることをおススメします。そうすれば、心の準備が整って、ムダにストレスを感じたり、イライラすることもなくなっていくと思いますよ。

★イライラへの対策には、こちらの記事も参考に…。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

*1:私は非喫煙者ですが軽音サークルに所属していたので、タバコがある生活の方が普通でした。