読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

ミスを取り返そうという気持ちを捨てたから、ミスをしなくなった話。

仕事が「うまくいかない」ときに読む記事

仕事でミスをしてしまったときに、ぜひ読んでいただきたい記事です。

f:id:kantanstresskaisyou:20150814112540j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

何かミスをしたら、取り返したい。

私は、特に会社員やってたとき、この気持ちが非常に強かったんですよね。仕事ができなかった分、ミスもいっぱいしてましたしね。仕事の処理の仕方の間違いから、商品の置忘れなど、さまざまなミスをしていました。ただ、そのミスを取り返そうとする気持ちって、正直裏目に出てましたね。功を焦るような気持ちが出てきて、むしろミスを重ねてましたね。で、余計怒られるという悪循環…

このとき、私はホント毎日のように「何やってるんやろう…」と落ち込んでいましたね。そんでまた、ミスを取り返そうとすると、焦る気持ちが前に出やすいんですよね。で、結果力んで普段の力以上のことをしようとしてしまって、かえってミスをするというね。

そういう経験を踏まえて、今はどう考えているかというと…

■ミスは、所詮「過去の話」。

今の私の考え方は…

「ミスはミス。取り返せるもんじゃない。今やらないといけないことに集中しよう。 

…こう考えるようにしています。

そりゃ、サッとお直しできるものならサッと直せばいいと思いますが、モノを壊してしまったとか、データが消えたとか、こんなのはやってしまったら基本、しょうがないわけですよ。過去に戻れるわけじゃないですしね。

だから、今できる仕事を丁寧にやっていくしかないわけですよね。そのうちに、結果的にミスも取り返せている、というイメージで仕事をすると、気持ちが安定するようになったし、ミスも減ったんですよね。もっと正確に言うと、ミスを気にする機会が減ったと言いますか。それに、取り返そうと力んで焦っても、正直仕事は早くなりませんしね。

■ミスをしたことにガックリするよりも、今やるべきことをやろう。

そうすれば、結果的にミスをする前よりもいい仕事ができたりすることもあるんですよね。実は、こういう風にブログを書いているとブラウザが急にダウンして書いてたものが全部消えたりとか、あるんですよ。だけど、それを気にしたところで返ってこないわけですから、サッサとやり直す他ないわけですよ。

いわば、過去でしかないミスに執着していても、物事は進むどころか、「時間経過などで」焦る気持ちばかりが出てきて、かえってマイナスになるんですよね。

だからこそ、大事なのは、今何をすべきなのか。それだけなんじゃないか、と私は思います。