大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

仕事の頑張り過ぎで、本来の自分を見失わないために。~休みの日ぐらい、自分のことだけを考えてみよう。

がんばって、「偽りの自分」を演じていると、本当の自分がわからなくなる。

f:id:kantanstresskaisyou:20151113223721j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日のテーマは、自分自身をリフレッシュするのに不可欠な考え方です。

ストレスを溜めてしまいやすい方の特徴として、やはり「自分に厳しすぎる」ということが挙げられます。少しの失敗を許せず、おおかたうまくいったはずの自分を評価できない…こうなってしまうと、ストレスが溜まるのは必然です。

しかも、このパターンでよろしくないのが、どうしても「偽りの自分」と言いますか…本来の自分の力以上に、「仕事はできなきゃいけないんだぞ」といった形で、大きく背伸びしてしまいがちになって、だんだんと本来の自分がわからなくなってしまうんですよね。これが「理想と現実のギャップ」を生んでしまって、ひいては病気へと繋がっていくんですよね。

ただ、あなたの周りにもおそらくいらっしゃると思うんですが…自分に厳しい方であっても「ストレスの解消」がうまくいっているって人も、もちろんいるんですよね。仕事もバリバリやっているけど、いつも楽しそうにしている…。

では、一体、そういう方はどうやってストレスを解消しているのでしょうか?

■「デキる人」は、自分の適切な甘やかし方を知っている。

仕事をバリバリやりつつも、常に楽しそうにしている人の特徴として挙げられるのが、自分の適切な甘やかし方を知っている、ということ。

思い返すと、営業成績でトップだった前の会社の主任格の人って、普段は厳しそうなのに、社員旅行では相当はっちゃけてましたしね。遊び上手と言いますか…カッコよかったから女子社員にも人気ありましたよね、たしか。

■やりたくないことを一切やらない時間を確保するのが大切。

で、そういう様子を思い返した時にふと私自身が思いついたのが、やりたくないことを一切やらない時間を確保するのって大事なんじゃないかってことです。例えば、仕事のことを考えたくないのであれば、そういう時間を作る、ということです。

ちなみに、私が推奨するのは一人で過ごすことです。というのも、本当に自分のため「だけ」に時間を使おうと思ったら、他の人がいたらどうしても難しくなってしまうからです。

それに、人に対して外ヅラを取り繕わなければならない状況は、社会人なら程度の差はあれど存在します。これはプライベートであってもそう。「社会人らしく」みたいなものがどうしても頭を過ぎって、自由な気持ちではいられなかったんですよね、私は。

せっかくの休日まで他人に気を遣って疲れるような過ごし方をしていたのでは、休みの意義が損なわれてしまいます。

※もちろん、みんなでワイワイ!がストレス発散になるのならそれはそれでOKです。

■休みの日ぐらい、自分のことだけを考えてみよう。

ですので、休みの日くらいは、外ヅラという「お面」を外しておくことが、ストレスを解消するために非常に重要だと思います。たまには、自分のことだけを考えてみましょう。最初は「そんなことしていいのかな…」って気持ちが過ぎることもあるかと思いますが、だんだんと慣れてくるのでご安心を。

というか、たまには自分のことだけを考えてあげないと、あなた自身の気持ちが置き去りになってしまって、だんだんと何のために生きているのかわからなくなってしまいます。これは非常に心身に悪い。

このブログを読んでくださっているってことは、あなたは、普段とても頑張っているのだと思います。このブログは、そんな仕事を頑張っているあなたのために書いています。だから、たまには自分のことだけ考えたって、罰は当たらないし、自分が何を考えているのかを確認しておくことが、自分を見失わないうえでも大切なコトだと私は思います。