大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

負けないのではなく、負けを「少なく」。~優勝するチームでも、50回ぐらいは負けてる。

いつもいつも、勝てなくてもいい。

f:id:kantanstresskaisyou:20170405153558j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私、昔っからなんですが負けず嫌いでね。もちろん、負けるのが好きな人なんていないでしょうが、私のはもしかしたら結構極度やったかもしれません。子供の頃は負けたらとにかく悔しくて泣いてましたし、卓球部時代はスランプであまりにも腹が立ってラケットを投げたことも…(苦笑)。

こういう負けず嫌いな気持ちって、ナニクソ!ってなっているときはいいんですけど、これが続いてしまうと気持ちのコントロールが利かなくなるんですよね。そんなときに、ある考え方に出会ってから、上手く気持ちがコントロールできるようになったんですよね。今日はその考え方についてお話しします。

続きを読む

「怒った」ことを後悔しないために、必要な「覚悟」の話。

怒ったことを、後悔しないために…

f:id:kantanstresskaisyou:20150907131803j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

しまった、言い過ぎた…カッとなり過ぎた…。

仕事を教えたり…という立場になったら、よくあるシチュエーションですよね?怒り過ぎてしまった、って思ったとき、「怒りの言い訳」が登場します。

怒りの言い訳とは、真っ当っぽい理由を探して、怒りを正当なモノとして相手に認めてもらおうとする心の動きです。ただ、この「怒りの言い訳」、ホント、ヤバいです。正直なところ、やってしまうと人間関係が一撃でブッ潰れることも珍しくありません。

では、どうヤバいのか、具体例を交えてお話ししたいと思います。

続きを読む

「イヤなコト」は、あって当たり前だと思っていた方が、ダメージが少ない。

イヤな思いを、引きずらないために…

f:id:kantanstresskaisyou:20150904131123j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今回は、イヤな出来事のダメージを軽減する考え方について、お話しいたします。とってもシンプルな考え方です。

イヤなコトは、当たり前にある。

コレがすっごくシンプルかつ、重要だと思っています。実際問題、今までの人生を振り返っていただければ、誰しもイヤなコトの一つや二つ、ありましたよね?つまり、イヤなコトがあるのは「当たり前」なんです。この前提は、人間である以上崩れることはありません。

では、なぜ「イヤなことがあるのは当たり前」って思っている方がダメージが少ないのか。そのことについて以下でお話ししていきますね。

続きを読む