読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

嫌いなヤツには、憧れの影が潜んでいる…ってことを納得せざるを得なかった話。

自分に自信を持てる考え方

嫌いなヤツに潜む、影。

f:id:kantanstresskaisyou:20170330184720j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

嫌いな人、皆様も一人くらいはいると思います。その理由はさまざまだと思いますが、大方は相手の内面によるところだと思います。

ただ、その嫌いなところに実は憧れの影が潜んでいる、ということを心理学を学び始めてから知識として学んだんですよね。私は憤慨しましたよね。そんなわけあるか、とね。

しかし、振り返ってみるとそれを納得せざるを得ない出来事があったんですよね。今日はそのエピソードを話したいと思います。

続きを読む

分からないことを悲観するのを止めたら、「道」が開くでという話。

会社・仕事を辞めたい!と思ったら読む記事

わからないことを、勝手に悲観しない。

f:id:kantanstresskaisyou:20170329102113j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

就職する前のことを思い返すと、とにかく「悲観的」だったなーと思うんですよね。当時はリーマンショックのまっただ中で、目に見えて就職のクチが少なかったこともあり、とにかく不安で不安でしょうがない…そんな状態だったんですよね。

だから、安定しない道へ進もうとする人を見ては「バカなんじゃないか」ぐらいのことを思ってましたよね。就職の道を捨て、夢を追う後輩のことを「もったいない」呼ばわりするっていうこともしばしば。(ちなみに、その後輩は着実に夢を叶えつつあります)

で、私はやりたくもないことで就職し、病気になるっていうルートをたどってきたわけなんですが…このときでしたよね。「バカだったのは、自分自身じゃないのか」って思ったのは。この経験から、私はひとつ「ある考え方」を止める決断をしたんですよね。今日はそのお話しをしていきたいと思います。

続きを読む