大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「頑固者」と「芯がある人」の違いってなんだろう?

今日は、頑固と言われがちなあなたのための記事です。

f:id:kantanstresskaisyou:20150918140726j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

いきなりですが、この記事を読んでくださっているあなたに質問です。

あなたは、頑固だと言われたことがありますか?

…少しでもドキッとしたあなたへ。ぜひ、この記事を読んでいただけると幸いです。

頑固と言うと、ちょっとネガティブな印象もあると思います。というか、頑固と言われることにポジティブなイメージはほぼありませんよね。融通が利かない、かたくなとか、そういう感じですよね。

私も、どちらかというと頑固と言われる方でしたね。こと、自信のある分野(音楽だったり、現在の自分の仕事のやり方だったり)については、ひとたび違うと思ったら結構強めに突っぱねていましたね。そうやって、自分自身を守っていかないと、しんどくなっていましたからね。

このように、あまりポジティブなイメージのない「頑固」ですが、すごく近い位置にポジティブなイメージの言葉が居ますよね。

その言葉というのが「芯がある」というモノです。意味を考えていくと似通っている部分もありますけど、受ける印象は雲泥の差ですよね。この記事では、その違いについてお話ししていこうと思います。

続きを読む

自己犠牲を止めれば、生きたいように生きることは簡単にできる。

人のためより、自分のため。

f:id:kantanstresskaisyou:20170623182050j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

最近、改めて「自己犠牲」ってロクなことがあらへんなぁと思いましてね…。私は、カウンセリングの中で…クライアントさんの状態に応じて伝え方はいろいろですが、一貫して「自己犠牲は止めましょう」って話を必ずと言っていいほど、します。

どう「ロクなことがない」かというと…どうしても「報われありき」の気持ちが出来上がってしまって、思った通りに現実が動かなかったときに落ち込んだり、苛立ったり、悲しくなってしまう=総じて不安定な状態を作ってしまいがちだから。犠牲になったんだから、これぐらいはいいよね?みたいなマインドがのぞいてしまうわけですね。

ただ、ここまでは意外と理解している人も多いというか…。頭では、わかるんだけど…実際に「自己犠牲」を止められないって方はわんさかいるんですよね。では、この「自己犠牲」がなぜやめられないのか、そんで、どうしたら止められるのか…今日はそのお話をしていきます。

続きを読む