大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

無理して「世の中」を見なくていい。意見を出すか出さないかは「考えてから」。

相手のことをアホやと思ったとしても…

f:id:kantanstresskaisyou:20180329172526j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

ここ最近、ネット上が荒れに荒れてますねー。もっとも、実際荒れそうな話題やなーと思いながら外から見ているんですが…

で、率直に思うのが…とにもかくにも「言い争いとしては低レベル」ということ。つまるところ、聞く(見る)に堪えないっていう感じ。匿名性をいいことに、めちゃくちゃになっていますよね。

ただ、それこそ私だって当事者になったらどうなるかわからんわけでね。だからこそ、ちょっとムカついても、なにか言う前にはひとつ、心掛けていることがあります。今日はそのお話を…。

目次

■発信と思想は別。

その心がけは、発信と思想は別やぞ、ってこと。

正直、例の最近荒れまくっている話題に関しては私も「はぁ?」って思いましたよ。で、ここまでは「自由」。でも、口汚くののしるのはもはや「権利侵害」のようなもんなんですよね。 

それに、私自身の発信内容と照らし合わせても、別になにか意見表明する必要があるか、と問われれば「別に…」としか言いようがないので、まぁ、いっか、って感じでスルーした、って感じです。

■「押し付ける」から「押し付けられる」。

人間なんで、怒ることもありますし、イヤやなって思うことは当然、あっていいと思います。 

でも、それを「一方的に発信」しちゃうと「押しつけ」になるんですよ。

その「押しつけ」によって、相手からも「押しつけ」がやってくるんですよね。だから大ゲンカになって、見てられない状況に陥ってしまうわけです。正直、私は「押し付けている」人が「押し付けられる」ことに耐えられているのは見たことがありません。だからこそ、あんな醜い状況になっているんだと思いますし。

■無理して「世の中」を見なくていい。

だから、どんなに「アホかこいつ…」って事象があったとしても、それは自分が制すべきことなのか、とか、反射で罵ろうとしてしまっていないかとか、そういうことは一度考えてから発信するのがやはり無難です。

それこそ、芸能人の方々と違い、私たちは炎上なんてしても「一切」得はありません。知名度もたいして上がりませんし、信頼を失って終わりです。

つまるところ、無理して「世の中」を見なくていいでってこと。調べるぐらいはしてもいい(そのことはメリットがあるので)けれど、意見を出すか出さないかは「考えてから」。これはほんと、鉄則とも言えるような状況になってきたなと思いますね。

★ある意味、この心がけとも繋がると思います…

kantanstresskaisyou.hateblo.jp