大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

強引に「モチベーション低め」から脱出する必要なんてない。「いま、できる、やろうと思える」ことをやろう。

モチベーションが上がらない…ってときに。

 

f:id:kantanstresskaisyou:20190311134404p:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

会社を辞めてひとりでやっていこう、って状況になると、立ちふさがる壁があります。

それは、モチベーションが上がらない・安定しないって問題。

率直に言いますが、私はこの問題が「なくなる」ってことはないと思います。多かれ少なかれ、誰しも抱えている問題だと思っています。かくいう私も、ブログを書くことに関してはとてもじゃないけど「毎日新作!」なんてモチベーションは現状、ありません。

ただ、正直「この状態がいけないことか」と問われると、答えは完全にNO。というか、むしろ強引にこの「モチベーション低め」から抜け出そうとすることの方がよろしくないと思っています。詳しくは以下の段でお話ししていきます。

目次

■そもそもないものをあることにするから、続かない。

なぜ、モチベーション低めから脱却しようとするのがよろしくないか、というと「そもそもないものを強引にあることにする」行為だから。

では、その行為がなんでアカンか、ってことなんですが…結局、続けられない原因になってしまうから、なんですよ。

さっき私は、ブログで毎日新作!なんて気分はとてもじゃないけど、ない、って話をしましたが…ブログを完全に止めているわけではないんです。むしろ、やる気があるときに、そこそこの満足いくものを仕上げて…って形で、ほどほどにしています。で、ほどほどだからこそ、息切れせずに続けていけるんですよ。

■「独立した瞬間と同じモチベーション」なんて、なくていい。

独立したときの落とし穴って、私は「独立した瞬間のモチベーション」がずっと続く(もしくは続けなきゃいけない)と思いこむことだと思ってまして。

人間、生きてりゃ興味・関心なんて変わって当然だし、気持ちの波だって「あって当然」。そりゃ、心理カウンセラーの仕事をしている手前、感情の波は「少な目」ではありますけど、「ない」ってなるとそれは嘘。

ところが、そのことを素直に認めきれずに強引にやる気を出そうとしたり、させられたりして、そのことが結果「頑張り過ぎ」になって、最終的には潰れてしまって「まったくの0」みたいになってしまう…。

これだと、独立なんてままならないんですよ。

■「いま、できる、やろうと思える」ことをやるだけでいい。

だからこそ、私は「いま、できる、やろうと思える」ことを素直にやるだけでいいと思います。

自分の自然な状態に任せる方がエネルギーのロスが少ないし、そういうときは過剰な期待やらもしなくて済みますから、結果的にビジネスのめぐりも良くなりやすいんです。

これを読んでいる方の中には、やる気出さなきゃ、って苦しんでいる方も居るかと思いますが。全く問題なし、と私は思います。やる気がないなら、やる気のあることをやればいいと思います。

★やる気がないときには、こちらもおススメです…。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp