大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

追い込まれたときって、むしろ好転のチャンスだと思う。

手詰まりってときこそ、道が開く。

f:id:kantanstresskaisyou:20200115180142j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今までの自分自身の人生を振り返ってみると…結構、追い込まれたタイミングで人生がガラッと好転したことが多かったなーと思いましてね。

それこそ、結果的には失敗になってしまいましたけど…就職できたこと自体は「追い込まれた状態で」拾ってもらえた、とも解釈できますし…その次の道が思いつかなかったときにもブログを書いて収入に…みたいな怪しいところに果敢にチャレンジした結果がいまに繋がっているのは事実。

今日は少しでも元気が出る記事に出来れば…と思っています。

目次

■どうしたいのか、見えてこなかった時期の話…。

実は私自身の追い込まれ、は上記の話にとどまらないんです。

歴代MAXクラスのブチギレ案件とか、いろいろありましたけど…中でも一番危なかったのが「どういうカウンセラーでありたいのかがまったく見えてこなかった」時期でした。

当初、私は「抑うつ症」を克服した経験をベースにして活動していました。が、克服した過去がどんどん遠ざかるにつれて、果たしてこれでいいんか?って思いがどんどん出てくるようになりました*1

■追い込まれたときに、思い切った方向転換。

そうなったときに、これ、どうしたらいいんや?ってので頭が「ビジネス」のことで一杯になってしまったんです。

その状態のよくないところって、やっぱり「自分が売れるどうか」ということにしか目が向かないんですよ。当人にはまったくそのつもりはないんですが、客観的に見たらそういう感じに見えていた可能性は高いと思います。

その結果、頑張っているつもりなのに思った結果の3分の1以下の成果しか出ず、やる気も体力もどんどん削られるばかり。これはいよいよヤバいぞ…ってなったときに、ここで思考の転換が起きたんですよね。

いまやっていることのうち、「売れるため以外にやる理由の見つからないもの」は、やめてしまえ」と。

■追い込まれたときは「変わるチャンス」。

この結果、逆転してアイデアとして出てきたのがいまのカウンセリングです。

集客のためのお茶会開催とか、わけのわからん交流会に出るのとか、そういう余計な武器を捨てて、自分がやりたい「カウンセリングそのものだけ」に注力しようと賭けに出た結果、仕事を辞めても生きていけるよ、ってことを伝えたかったんや、ってことが心の中から見つかって、いまに繋がった、ということです。

私は、追い込まれたときって、もしかしたら変わるチャンスの一端なのかもしれん、と思います。いまの生き方に手詰まり感があるならば、違う一歩を踏み出す前向きなきっかけになるかもしれんと思いますよ。

★方向転換をするときには、これも参考になるかも…。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

*1:加えて、薬事法の絡みも考えるとヘタなこと言えないってのも。