大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

会社を「自分の意思」で休むことが、やる気を取り戻させる。

仕事に行きたくない、って気持ちに素直になってもいいんじゃないか。

f:id:kantanstresskaisyou:20180601162936j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私のカウンセリングでは、会社や仕事を辞めるか辞めないか迷っている方専門ってこともあって、やはり「仕事に行きたくないけどどうすればいいのか」っていう相談、結構な割合で受けるんですよね。

で、もちろんケースバイケースではあるんですが、基本的には「会社、行かへんのもありやねんで」っていう話をします。これは私自身がそういう経験で助かった、ということもありますが、それよりももっと大切なところに「会社を休んでもいい」って話をする理由があります。今日はそのお話しを…。

目次

■会社を休んでもいい、って話をする一番の理由。

私が会社を休んでもいい、って話をする一番の理由は…

反射的に、会社の言うことを聞く、聞かなきゃいけないっていうのをやめてもらうことが大事だと思っているから。

この「反射的に」ってところにポイントがあって、そのままの状態だと自分の意思で行動しているってところが抜け落ちてしまいがちになるんですよね。これが心の状態を落としていってしまうんですよ。

■自分の意思で、会社を休んでみてほしい。

だからこそ、まずは「自分の意思で」会社を休んでみる、ってことにトライしてみてほしいんですよね。

正直、これを一回するだけでも「会社、辞めんでもイイかも?」って思う方もいるんですよね。マインドコントロールが解けたかのようにね。それぐらい、自分の意思で決めた上で行動を決めるのは大事なことなんですよね。

自分が決めて行動を起こすと、そこに「自己責任」が生まれて、ちゃんとやろうって気分が戻ってきます。つまるところ、会社に「来させられている」っていう気持ちのままではやる気は出ようがないってことでもあります。

■会社に来てもらわないと困るってのは、あくまで会社の立場。

もう一度言いますが、会社には「行かなきゃいけないわけではありません」。

もちろん、会社の立場からしたら「来てもらわないと困る」のは確かでしょうけど、それはあくまで会社の立場。少なくとも、まともな会社なら一回休まれたぐらいでヒドイことになることはありません(私は以前の会社のこと全然いい会社だとは思っていませんが、それでも一度休んだぐらいではイヤな顔されませんでした)。

ですので、まずは「休む」という選択肢があるということ。そして、実際に会社を休んでいい、ということ。このことを頭に入れておいていただけたら、と思います。