大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

劇的な変化を目指すより、地味な方法で地道に行く方が「リバウンド」を起こしにくい。

地味なことの積み重ね、結構効くんですよ。

f:id:kantanstresskaisyou:20151105224344j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私のブログで書いている「ストレス解消のコツ」って、結構地味だと思います、我ながら。すごいことをしろ、みたいな話は一切ないはずだ、と自分では思っています。

ただ、地味なことを書いているのには理由があります。

その理由ってのが、地味な方法の方が、リバウンドしにくかったから、なんです。いったいどういうことなのか、以下でお話ししていきますね。

目次

■劇的な方法って、確かに目からうろこは落ちるんだけど…

劇的な方法って、確かに目からうろこが落ちるような形で効果が出るんですよ。実際、私がこの心理カウンセラーの道に入ったきっかけも、「劇的な方法」に感化されて、これなら出来る!と思ったのがきっかけです。

ですが、劇的な方法=インスタント、応急処置的なことも多いんですよね。

だから、いわゆる「問題の本質」には意外と届きにくく、戻るときも劇的にリバウンドを起こしやすいケースが多かったんですよね。その上、基本的に人間は「変化」に抵抗するものなんですよね。わざわざ際立った変化を目指そうとするのは、その性質にも逆らっていて、効果的とは言えないわけです。

■地味な方法は、一見地味だけど、確実。

一方で、地道で地味な方法を採っていれば、一回で変わる幅はそう大きくはありません。ですが、確実性は高いんですよね。少しの変化ですから、身体も受け入れ態勢が整いやすいと言いますか。

私がカウンセリングで提供しているのは、本当にざっくり言えば「お話しをうかがっている」だけであって、特別な秘術などを使っているわけではありません。お話をうかがった結果、「クライアントさん」が必要だと感じていると口に出したことを「やってみましょうか」と提案しているだけ、なんですよ。

ただ、必要だと思っていることを提案しているから「問題解決」っていう結果に繋がっていくんですよね。提案していることは例えば、「お友達にメールをしてみる」とか、そういう簡単なことで、ものすごく難しいことを提案したことは一度もありません。

■派手なものに目眩まされず、確実な方法を採用しよう!

派手で、劇的な「目立っている」方法は、一見すごそうに見えると思います。

ですが、それは一過性のモノだったりということも珍しくありません。そんな方法を採って失敗したら、それこそ誰も助けてくれないわけです。

だからこそ、一見地味でもずーっと伝わってきていることや、確実性の高い方法を大事にすること。コレが、人生をうまくいかせる大原則なんじゃないか、と思うんですよね。

★地道でも確実な結果を出したいという方、お待ちしています。

kitadaharuki.jimdo.com