大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

「自分と向き合う」って、どういうこと?

わかりやすい、自分との向き合い方。

f:id:kantanstresskaisyou:20180703155733j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

カウンセリングを受ける受けないに関係なく、自分の問題を解決していこうと思ったら必ず出てくるのが「自分自身と向き合う」時間。当たり前ですけど、自分の問題ですから、自分自身の中の問題を片づけていかないと現状が変わっていかないんですよね。

ただし、この「自分と向き合う」って、どうもうまくいかないケースも多く目にするんですよね。

どううまくいかないか、というと…自分の抱えている問題を真っ直ぐ見ることができなかったり、はたまたその問題を誰かや何かに責任転嫁してしまったり…ってことが起きるケースもよう見ます。

そこで今日はそういう状況を招かないような、分かりやすい「自分との向き合い方」をお話ししていこうと思います。

目次

■あくまで、向き合う対象は「自分」。

自分と向き合う上で一番大事なのが、あくまで「自分と」向き合うこと。

何を言うてるんや、と思われるかもしれませんが、この原則は絶対に外してはいけないんですよね。

特に、問題の起きている原因が「自分以外」にあると思っている場合はまず、問題が解決することはないんでね。ちょっと行き詰ったら「やっぱりあの人が悪い…」だの「環境が…」などと言いがちになって、足が止まってしまいます。

★こういう場合はまずこちらの記事をご覧いただいた方がいいかも…

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

■どんなに醜い自分自身が出てきてもOK、と思うこと。

一段目でなんとなくわかるかもしれませんが、自分と向き合うのはそんな「ラク」なことではないんですよね。私も問題が発生したときにはやりますけど「うわぁ…」って未だになることもあります。

だからこそ、自分と向き合うときは「どんなに醜い自分自身が出てきてもOK」ということを、それこそ念じた上でやった方がいいかなと思います。一見宗教チックかもしれませんが、この「醜さOK」が言葉尻でも身体に馴染んでいるのとそうでないのとでは、大きな差があります。

■やると決めたら、止めずに一直線に。

ほんで、自分との向き合いで一番大きなポイント、なんですけど…。

やると決めたら、止めずに一気に行ってほしいんですよね。

※明快に、体調を崩した場合は別。

自分との向き合いって、時間がかかると「いつまでやっとんねん…」ってなりがち。少なくとも1時間自分と向き合うだけでも「なにをすべきか」はせめて1つぐらいは見えてくるはずなんですよね。

まとめると、人のせいにせず、自分の醜いところも受け止めて、その上ですぐに行動を変えていく…。これが「自分と向き合う」ってことかもな、と思います。