大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

ちょっとしたことを叶えれば、大きなストレス発散が要らなくなる。

ちょっとしたことほど、我慢せず…。

f:id:kantanstresskaisyou:20180426172832j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

さて、先日から「ドラクエI・Ⅱ」のスーファミ版の初見での攻略中なんですが…なかなかストイックですね。現在は攻略情報なんて山ほど溢れてますけど、できる限り見ずにやっていこう、と思ってやっとります。

私にとって、ゲームをする時間はかなり幸せな時間なひとつです。小学校1年から始まったゲーマー人生、大人になって終わることなく…それどころか、むしろやれる時間を大事にしているように思います。

コレ、ひょっとしたら「病んだりしないために」結構大事なことなんじゃないか、と思いますんで、今日はそれを記事にしていきたいと思います。

■ちょっとしたことだから、大事。

なんでこういう時間が大事って思うかと言うと…

ちょっとしたこと、だからなんです。

今回、ドラクエを購入するのに費やした金額は1000円未満(ポイントでの割引も含む)。ハッキリ言ってまったく贅沢ではありません。

しかも、今回は攻略を見ない方針を取っているため、時間もしっかり費やすことができる。娯楽としての費用対効果は非常に高いと思うんです。しかも、今回の場合はうちの奥さんが以前プレイ済みであることもあって、会話も弾んでるんですよ。ギリギリネタバレしないように努めてくれてます…(とはいえ、ヒントがたまに欲しくなるんですが…)

■ちょっとしたことを叶えると、大きなストレス発散が要らない。

で、こういう形で欲望を叶えていると、不思議と「大きなストレス発散」が必要にならないのも大きいんですよね。

刹那的な浪費の繰り返しだったり、はたまた溜め込んだストレスから大きな病気になったり…こういうことが起きると、仮に我慢してお金を貯めていたって一瞬でふっ飛んでしまいます。

やっぱ、こういうのもったいないじゃないですか。我慢していた分、余計に後悔の念に駆られたりすると思いますし。結局のところ、私の抑うつ症が治ったのも「我慢」をやめたから、なんですよね(詳しい話は以下のリンク先で書いています…)

私がカウンセラーになったきっかけ - 大阪・堺の心理カウンセラー・キタダハルキ公式サイト

■我慢を止めて、自分の小さな願いを叶えよう。

だからこそ、私は「小さい願い」こそ、サッと叶えていくのが大事かなと思うんです。

それこそ、ドラクエで心が豊かになるんだったら、別に我慢する必要ないじゃないですか。ヘンに我慢してその分機嫌が悪くなるよりよっぽどいいと思うんです。

それこそ「ちょっとコンビニのお菓子食べたい」とか、そんなんでもいいんです。我慢を止めて、自分の小さな願いを叶えてあげてください。これだけでも、だいぶん気持ちが安らぐと思いますよ。