大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

忘年会の「出し物」って、どうやって乗り切ったらいいの?

久しぶりの忘年会を題材に…。

f:id:kantanstresskaisyou:20181217135829j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

さて、超タイムリーな話題ですが…昨日は忘年会に行ってきました。

私は基本的にひとりで仕事をしていますから、忘年会ってほっとんど機会がないんですよね。毎シーズンの高校の同級生、ぐらいでね。そんな私が珍しくひっさびさに参加したい!と思って、忘年会、行って参りました。

しっかし、久しぶりだからか緊張しましたね…(笑)。

もちろん、仲良くさせていただいている方がいるから参加したわけですが、それでもかなりお久しぶりの方も多かったですから、しっかり溶け込めるか、とかも考えていました。

ただ、本当に緊張したのはそこではなく…忘年会につきものである「出し物」の件、でした。どうやって乗り切るか…ってね。そこで今日は、どうやって乗り切ったのか、ってのを記事にしてみたいと思います。

目次

■実は、やることを決めたのは当日でした…。

一応、出し物の大まかな決まりは「10秒以上」ってものでした。

つまるところ、そこまで考えすぎなくてもよかったんでしょうけど、せっかくやるからにはそこそこのモンは出したいって思うじゃないですか。

とはいうモノの、参加する人の層とどれぐらいフィットするかとか、そういうことを意識していたら、どんどん時間が経ってしまい…実はやることが決まったのは当日*1

ただ、これは幸運としか言いようがないんですが…うっすら考えていたネタが、ちょうどいま流行ってるんですよね。だから、ステップと手拍子で出来る(つまり、小道具が要らない)この曲を歌おう!って形で決めました。

We Will Rock You

We Will Rock You

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

■「ぶっつけ」はやはり危険。

私、最初は無謀にも「ノー練習ぶっつけ」で行こうと思ってたんです。なんとなく覚えてるやろし、と思ってね。

そしたらうちの奥さんに「ちょっとやってみいや」と言われましてね…。それですっげー緊張したんです(笑)。いざやってみたら、ボロボロとまではいかずとも、不安たっぷりでしたからね。

思えば、ほんまにこのタイミングで練習して良かったと思います。家を出るまでの一時間でできる限り何回も歌って、最悪の事態に備えてカンペも用意して、家を出ました。

■「ビジネスマンはスベり慣れなさすぎ」。

ただ、少し余裕を持って家を出たら早くつきすぎまして…。するとやっぱりまたイヤな緊張がやってきまして…カンペをぶつぶつ読み返しながらコンビニで時間を潰しました。そのときに立ち読みした雑誌のフレーズが頭に残ったんです。

その言葉ってのは「ビジネスマンはスベり慣れなさすぎ」ってモノ。

平成ノブシコブシの吉村崇さんのインタビュー記事だったんですが、非常にタイムリーでね。スベっても、それも経験やんなって思えるようになったんですよね。

この言葉に勇気をもらって、腹をくくって会場に向かいました。

■カンペを見ずに…を諦めた。

食べ物・飲み物を購入して、忘年会がスタートして、あることに気づきました。

あ、出し物って当然、ある程度酒が入ってからやるんやんな、と…。

私はこの時点で「カンペを見ずに」ってのを9割諦めました。こっそりトイレにいって歌詞を暗唱できるかな?と思ってチェックしたら、やはり酔いの影響なのか、歌詞がちょろちょろ漏れたりしてました。この時点で私はカンペなしを諦めました。

…そして、いざ本番。事前から決めていた「絶対に一番最初を勝ち取る」*2って目標通りに立候補しました。

おもむろにカンペを壁に貼り付け、ステップ・手拍子のお願いをして歌い始め…

協力してもらったかいもあって(流行っているゆえ、皆さんがすぐ曲を理解したのも本当に大きかった)、自分自身ではいい手応えで終わることができました。

■忘年会の出し物を乗り切るポイント。

さて、今回忘年会の出し物を乗り切る上で大事やなと思ったポイントをまとめると…

  • 準備ゼロは止めた方がいいけど、し過ぎなくていい。
  • 道具が要らないのは結構いいかも。
  • みんなが参加できるのは結構盛り上がる。
  • スベってもいい、って気持ちも大切。

特に、1番上がポイントかなと思います。というのも、後で言われたんです。「カンペを見てるのが芸っぽくてよかった」ってね。特に忘年会の芸ですから、不完全ぐらいでちょうどいい、ってね。

これからが忘年会シーズン本番。せっかくですし、やっぱり楽しく!出し物も前向きに捉えていくのが大切かな、と思いました。

★どうしても緊張してしまう…ってときにはこちらの記事もどうぞ。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

*1:2日前に軽い風邪気味でカラオケが絶不調だったこともあり、歌うのもどうしようかとなかなか決められなかった。

*2:私は場の主役ではなかったので、脇に徹したかった。