大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

大阪・堺の「会社を続けるか、辞めるか迷ったとき専門の心理カウンセラー」のブログです。就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、心理カウンセラーとして独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴っています。

自分の「イヤだ」という気持ちに素直に耳を傾ければ、就職はうまくいく。

私は、このことから逃げ回っていました…

f:id:kantanstresskaisyou:20151110161244j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

就活における定番作業に自己分析、ってあるじゃないですか。念のために説明しますと、自己分析とはどのような適性が自分にあるのかを知ること、です。単純な話、自分に合ったところに就職しようと思ったら必須、ですよね?適性を知って初めて、どこが自分にフィットするのかがわかるわけですから。

ただ、私、この自己分析が大の苦手でして…面接で突っ込んだ質問をされたときにアタフタして、面接官にその場で説教されたこともありました。「君、そんなんじゃ話にならないよ(半笑いしながら、へへへ」みたいにね。そのときは、恥をかかせやがって!とか思っていましたが、今思えば完全に私に非がありますね…やらなあかんことをやっていなかったことが悪いわけで。

で、私がこの自己分析が苦手だった理由っていうのが、何をしていても、どんな形でやろうとも、イマイチしっくりこないって状態が続いていて、その度にモヤっとするから、というモノでした。要は、イヤな気分になるからやれないっていうね。

ただ、この「イヤな気分」にこそ、就職を円滑に進めるヒントが詰まっていたんです。今日はそのことについてお話ししようと思います。

続きを読む

劇的な変化を目指すより、地味な方法で地道に行く方が「リバウンド」を起こしにくい。

地味なことの積み重ね、結構効くんですよ。

f:id:kantanstresskaisyou:20151105224344j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私のブログで書いている「ストレス解消のコツ」って、結構地味だと思います、我ながら。すごいことをしろ、みたいな話は一切ないはずだ、と自分では思っています。

ただ、地味なことを書いているのには理由があります。

その理由ってのが、地味な方法の方が、リバウンドしにくかったから、なんです。いったいどういうことなのか、以下でお話ししていきますね。

続きを読む

「ストレス」をきっかけに自分を大切にしてみませんか?という提案。~小さなストレスは、味方にできる!

小さいからって、ストレスをあなどるなかれ。

f:id:kantanstresskaisyou:20151105221734j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

小さいことは気にしない方がいい。世間ではよく言われていることだと思いますし、もちろん、間違ってはいません。小さいことを全て気にしていると、単純に「情報量」がそれだけ増えてしまいますから、頭がいっぱいいっぱいになってしまいます。すると、どうしても健康的な生活を成り立たせるのがしんどくなってしまいます。

ただ…どうでもいいことを気にしなくなる場合はいいですが、どうでもいいと思えていないことまで気にしないフリをしたり、気にしていないと思い込むことは、ちょっとどうなの?って思うこともあるんですよね。むしろ、そこは気にしようよ、っていうかね。

そこで、今日は「ストレス」をきっかけに自分を大切にしてみませんか?という提案をしたいと思います。気楽に読んでいただけたらと思います。

続きを読む