読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

心の「よりどころ」は、誰かよりも「自分自身」がイイと思う。

自分自身が、自分の事情を一番知っているから。

f:id:kantanstresskaisyou:20170327151221j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私自身、心が不安定だったときのことを考えると、どうしても「よりどころ」を必要としていたなぁと思います。彼女だったり、ネットだったり、それこそ大人のお店だったりね(笑)。

もちろん、その「よりどころ」と接した直後はホッとして、安定するんですよ一応ね。だけど、ちょっとしたらまた不安定になってましたね。会社への不満が渦巻いていたこともありましたしね(そのときの話はこちらでもお話ししています)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

では、どのようにしてこういう状態から脱出できたのか。今日はそのお話しをしていきたいと思います。

■人に頼りまくらなくても、なんとかなった。

私自身がこういう状態から脱出した一番の要因は、やはり退職でした。

といっても、辞めたこと以上にある意味大事だったことがありましてね。その大事だったことっていうのが「辞めるための手続き」を乗り越えられたこと。後で知ったんですが、ここをめんどくさがって会社を辞めない人が意外といるんですよね(その乗り越え方はこちらでお話ししています)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

辞めるための手続きは、当然誰も手伝ってくれません。基本、ひとりでやらんといけません。ですが、これが良かった。人に頼りまくらなくても、なんとかなるって経験になりましたからね。

■自分でやる「クセ」がついた。

このことが、行動を積極的にするきっかけになったんですよね。多少わかんなくても、誰かにスグ聞くより、まず調べるってステップを踏んで、自分自身で問題を乗り越えるクセ付けができたんです。

特に、会社を辞めてしまうと誰かが導いてくれるわけではありませんし、方針を自分で立てられないと一気に不安定になってしまいますからね。(たまに、フリーランスになったのに権力のある人にくっ付いてなんとかしようとしている人も見ますけど…あーいうの見ると、おとなしく会社にいればいいのに、と思う。フリーランスに福利厚生なんてないぞ)

■人を当てにする前に、まず自分に頼ろう。

なんせ、大事なことは人を当てにする前に、自分に頼ることだと思います。

やっぱり、自分自身の事情は、基本的に自分自身が一番わかっているハズ。自分自身がどうやったらゴキゲンでいられるのか、はたまた腹が立つのかとか、そういうのは自分が一番わかっているじゃないですか。

だから、自分自身で自分を安定させる方が確実に安定感は増しますよね。微妙にズレてる対処を他人にされるよりも、自分で考えた方法を試してみる方が、満足度も高いはずです。そうすれば、行き詰って人に頼るときも、自分が「経験」を積んできているからこそ、どういうことで困っているのか、正確な形で説明ができたりもするわけです。

ですので、まずは「自分の力で」、少しでもやってみる。困ったときほど、一度思い出してほしいと思うんですよね。