大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

やる気がないなら、とっとと辞めた方がいいと思う。~やる気の出る環境に、早くいこうぜって話。

ブチギレると共に、わがふり直す…今日はそんな記事です。

f:id:kantanstresskaisyou:20151026123704j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

先日、久々にキレましてね…。きっかけは、以前よく行っていた居酒屋に行ったこと。誕生日クーポンなるものをもらってね。

私がそのお店に初めていったのはちょうど4年半ほど前。仕事の打ち合わせ名目で行ったんですが、まーこれが感動的な接客でしてね。(ちなみに、チェーン店です。)店長さんもきさくに話してくださるし、店員さんも明るく活気のあるコミュニケーションが取れていたんですよね。

しかも、その店長さんは別格で、見送りの際に旅館の女将のように見送ってくださったんですよねー。…このクオリティの接客だったし、料理の味もオイシイんで、そりゃぁもう、通いまくりましたよね。

ただ、そのお店がある駅は結構私の中では「激戦区」でして。なかなか、その居酒屋さんに行く機会を失っていたわけです。(もっとも、この時点で何か、「違う」というフィーリングを感じ取っていたのかもしれませんが…)で、ようやく見つけた行く機会が、誕生日クーポンだったわけです。

ところが…何が起きたのか。今日は怒った自分自身を振り返りながら、同じようなことで怒られることがないように、まとめていきます。

■私が、お怒りモードになった理由。

久々なんで、結構ワクワクしながら行ったわけですよ。予約もとってもらってね。ところが、入り口に来ても「シーン…」としてたんですよね。

以前なら、すぐに来てくれてましたし、遅れたときは申し訳ございません、って必ず言ってくれてました。で、予約を取ったのにも関わらず、接客がグダグダで、どの席に案内するのかも決まっていない感じ。この時点で、コレはヤバいかもしらん…って警戒を強めたんですよね。

そしてオーダーでも事件が…モヒートが何種類かあったんですよね、メニューにね。でも、確認もせずにオーダーを通して、結局全然違うモノが来るっていうね…この辺りになると、もうイライラMAXに近づいてきてますよね。(終始、こういうやる気のない接客をしていたギャル風の女には本当に腹が立った。)

で、そんな私にとどめを刺したのが、「店内にこだまする、言わされ感満載のよろこんで」でした。メニューを注文する度、覇気のかけらもない声で、はぁい、よろこんでぇ…この活気のなさが客を増長させるのか、とにかくうるさい店になってたんですよね。

さらに、トドメのトドメで、以前よく注文していたメニュー(麺類)が、出すのが遅れて汁、ガンガン吸ってました。…以前は当たり前のように2時間はいた店を、10分で後にしました。特典の誕生日ケーキを残してね。祝われたくないもん、こんなとこにね。

 …たぶん、店長変わったなこりゃ。以前は必ず取っていたアンケートも、どうやらとっていない様子でした。(コレもありえない変化。)

■やる気がないなら、とっとと辞めればいいと思う。

私、思うんですけど…やる気ないなら、とっとと辞めればいいと思うんですよね。辞めたらお金がどうのこうのとか、ダラダラしてても金もらえるからおいしいバイトだ、とか、そんなん自己都合でしかないしね。

なにより、お金を払ってもらうことがどれだけ貴重なことなのか、意識できていないところに、すっごく悲しくなったし腹が立ったわけです。そのギャルの子にも、「ほんまに、ずーーーっと、こんな感じでやっていくの?」って思ってしまいました。 

私は、本来仕事ができない人っていないと思うんですよ。やれない環境にいる、っていうだけでね。私も、前の職場にいたときはやる気なかったですし。早く終われ早く終われ、そればっかりでしたから。しかも、迷惑をかけているっていう自覚も薄かったと思います。

でも、今の職種に変わってからは、少なくとも以前よりは責任感を持って、仕事をすることができていると思います。だからこそ、5年近くも続けてこれているのだと思いますしね。

■やる気がない、っていう自分の気持ちを見つめることが大事。

私は、やる気がない、っていう自分から目をそらしちゃいけないと思うんですよね。

やる気がないことでかかる迷惑って、思いのほか大きいんです。言っちゃなんですけど、私はそのお店のヘビーユーザーでしたから。それを失うのってデカいですよね。そうなると、やっぱり人間関係にも恵まれなくなっていくし、自分の人生がボロボロになってしまうと思うんですよね。

だから、自分自身はどういうことならやる気が出るのかを知っておくのが大事だと思うんですよね。それにはこちらの方法も役に立つと思いますので、参考にしていただけると幸いです。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp