大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

やりたいことをやっていても、病気にはなる。~やる気だけで、身体を引っ張り過ぎないでほしいという話。

 

やりたいことをやっていたとしても…

f:id:kantanstresskaisyou:20170614132603j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

先日入院したこともあって、ちゃんと休むのって大事だなーと思います。幸い、私はやりたいことをやれる生活をさせてもらえてますが、それでもなお、そう思います。(もちろん、いまやりたいことがやれていない!と思っている人はなおさら、休むぐらいはしてほしいと思っています)

というのも、やりたいことをやれている分、どうしても気持ちの充実だけで身体までも牽引してしまいがちだったんですよね。特に睡眠のリズムに関してはだいぶめちゃくちゃだったと思います。朝4時寝とか、徹夜とかありましたし。でも、それは楽しかったんですよ。やりたいことやってたし。

ただ、その結果(かどうかは何とも言えないけれど)、入院ってとこまで行ってしまったわけです。さすがに、こういうのはできる限り繰り返したくないな…ってことで、生活を改善することにしました。すでに少し体内リズムが整ってきたので、取り組んでみたことをお話ししていきたいと思います。

■中途半端に寝ないことが大事。

一番大事なことは、中途半端に寝ないことなんやなぁ、と思います。

先ほども書きましたが、入院直前は結構深夜族気味で、4時とかザラやったんですよね。で、この調子で寝ると昼間意外と眠くて、昼寝も結構してしまってたんですよね。

すると、どうしても夜は眠くない…かと思えばいきなり作業途中なのに変な眠気が来る…ってな不安定な状態になっていたんです。で、また寝ない生活の繰り返し…。これが結構身体に負担を与えていたんやなぁと思います。

いま私は、遅くとも1時には床に就いています。4時とかはもうさすがにない気がしますね。

■しっかりした睡眠を摂ってみて、一番変わったこと。

で、このリズムに変えてみた結果、一番変わったと思うのが、実はお通じ。

私、別に毎日お通じがあったので便秘ではなかったんですが…回数が増えたんですよね。で、これに伴ってスッキリ感もアップ。睡眠を摂ることで、腸の働きは良くなったと思いますね。

特に、退院時に「便秘にはならんように気を付けといてください」と言われている身でもありますし、この変化は大歓迎です。

■やりたいことをやっていても、病気にはなる。

ほんで、これは確実にお伝えしたいんですが…私は、やりたいことをやっていてもいきなり病気になったんですよね。正直、これは本当の本当にびっくりしたんですよ。

だからこそ、やりたくもないことを必死に頑張るなんて、それこそ身体を考えたら論外なんやなぁと実感したわけで…。ゾッとしますもん。やりたくないことのせいで入院・大病とかシャレにならんしね。

ほんでもって、やりたいことをやっていたとしても、やり過ぎは禁物なんやなぁと思います。どっかで身体を基準に考えてあげて、バランスを取っていく…(実は、これに関しては「常識的な基準」が役に立つ)。

基本ですけど、ホンマのホンマに大事やと思いますね。