大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「私の人生、なんか同じ問題ばかり起きてる気がする…」と思ったら読む記事。

「本当に、それでエエんか?」

f:id:kantanstresskaisyou:20171104152705j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私自身、いま…というか、ずっと気を付けていることがありまして。それは、同じような問題を繰り返さない、ということ。その理由は単純で、私自身がものすごくテンションが下がる&そういう人を見るとガッカリしてしまうから。

ただね、ぶっちゃけた話、いま私が言うたようなタイプの人が好き、って人はまぁいないと思うんですよ。要は進歩しない人、っていうことだし。その「進歩しない期間」が長くなればなるほど、当然ながら信用も失っていきます。リスクになりますからね。

それでも、この「同じような失敗を繰り返す問題」って、非常に起こりやすいんですよね。私自身もうっかりやってしまって、ガクーンとなった経験がありますので、今日はそのお話しをしていこうかと思います。

■「もし、ひとりになったらどうなるんだろう?」

私、心理学(とブログでの物書き)を始めてから1年ほどで、セミナーであったりイベントであったり、そういうチャンスをいただく機会が増えていったんですよね。当時は会社を辞めてからまだ1年半も経ってないぐらいだったので、それはもう刺激的な日々で、かなり楽しく過ごしていたんです。

ところが、ふとした瞬間(この瞬間がなんだったのか、は正直覚えていません)に、あれ、オレこのままでエエんかな、って思ったんですよね。具体的な話をすると「オレは、もしも一人になったらどうなるんやろう?」って言うようなフィーリングがフッと芽生え始めたんですよね。

ただ、そのときは「いやいや、そんなあり得ないことを考えても仕方ないな!」みたいにスルーしていたんですよね。実際問題、仕事に打ち込んでいれば忘れていましたしね。

■「だからと言って、辞めるわけにいくか!」

だけど、そのフィーリングを感じる機会はどんどん増えていったんですよ。

発信すればリアクションもあるし、別に「当たり前のこと」として、当時はブログの更新も1日1回、必ず行っていました。だけれども、そんな作業の中でも「このままでいいんか…?」みたいな声が聴こえてきたんですよね。お前はそのままやっていけると思っているのか、っていう形で、一番最初にそういうフィーリングが湧いてきたときとは「違う強さ」をもって、私に語りかけてきたんです。

ですが、「だからと言って辞めるわけになんかいくか!」みたいな感じで、また突っぱねて、元の仕事に戻っていく、ってことをしていたんですよね。

■「フィーリング」だけではない、「現実」に起きた問題。

そんな風に無視していたら、だんだんと「フィーリング」だけではない「現実」に問題が起こるようになっていきました。

セミナーこそなんとかなっていましたが、イベントの空気が荒れ始めて、だんだんと「クレーム」を面と向かって言われたりするようになっていったんですよね。その当時は強い不満を抱えていたこともあって、クダを巻いているようなところもあったと思います。そんな折に、ついに、一番身近な人であるうちの奥さんに言われたんです。「あんた、同じことでずーーーーーっと問題起こしてない?」ってね。

…これを機に、もう観念せなアカンわ、と思って、まず「ひとりになったらどうなるのか」って不安をクリアにすることに取り組んでみたんですよね。

そしたら、結局私は「一人が怖い」という理由だけでビジネスを続けてしまっていたことに気づいてしまったんですよ。恐怖から逃げるために、それこそ責務をひとりでしょいたくないがためだけに、グループでやっているって状態になっているってことに直面したんですよね。

…こうして、今まで手掛けていたビジネスから手を離そう、って思ったんですよね。

■報いの先に、変わった流れ…

このビジネスから手を離したとき、それはもう痛みが伴いました。

大ゲンカしてしまったし、その場に居合わせた方々との縁は8割以上切れました。ただ、それは今まで自分が問題から目を逸らしてきた報いだったんだなぁ、と思います。

だけれど、そうやって痛みを伴いながらも目を向けた結果、その当月にすぐに収支の流れが変わって、トントンではなくお金が残るようになっていったり、内心ストレスを抱えていた作業からも手を離すことができたので、どんどん心が穏やかに近づいていったんですよね。

その結果、今もこうしてカウンセラーとしてお話しができている。とてもうれしいことだと、私自身思います。もし向き合い切れなかったら、確実に今は廃業とか、そういう話になっていたと思います。

■起きる問題は「変わらんでエエのか?」というサイン。

だからこそ、私は「同じ問題」という環からは、絶対にどこかで抜けてほしいなと思うんですよね。マジな話、思っているよりも人はあなたのこと、見てます。それは意識的にせよ、無意識にせよ、ね。

同じ問題を起こし続けていると、人間関係のレベルがらせん階段を下がるようにじんわりじんわり下がっていきます。類は友を呼ぶ、というように、同じ問題を起こし続ける人が寄ってきてしまうんですよね。しかも、人間関係のレベルが落ちるから、起きる問題のレベルがドンドン「深刻な」ものになってしまうんですよ。

いわば、起きる問題ってのは、あなたに「変わらんでええのか?」っていうサインを送ってくれているんですよね。そのサインを見逃さずにキャッチして、変わっていこう、変えていこう、っていうことを真摯にやっていく。そうすれば、だんだんと心がドシっとしてくると思いますし、そういう人間関係が築いていけると思うんですよね。