大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

流れに逆らわなかったから、会社を辞めても生きてこれたんだと思う。

流れって、かなり大切なモンだと思うんです…。

f:id:kantanstresskaisyou:20170801182911j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私、実は、あさってに「人生の中でも大きめ」のチャレンジが控えているんです(どんなチャレンジかは事後、報告したいと思います)。正直、思いもよらぬ展開にドキドキしています。明日はそのチャレンジの準備で、結構いっぱいいっぱいになって、遠足前の小学生のように寝れなくなることでしょう…。

さて、今日のポイントは「流れ」にあります。

得てして、人生が大きく転換するときって、思いもよらぬ流れが来るものなんですよね。今回の例に限らず、私の場合は抑うつ症にかかったことも予想外でしたし、一度組んだビジネスを解散させることになったのも、言うてしまえば予想外でした。

ですが、この「予想外の流れ」に逆らわなかったから、今まで会社を辞めてもやってこれたんじゃないか、とも感じているんですよね。では、今日はそのお話しをしていきたいと思います。

■「流れ」に逆らわない、ってのはどういうことか。

流れに「逆らわない」ってのはどういうことか、というと…一度、もしかしたら「こういう進み方するんじゃない?した方がいいんじゃない?」って感じたことにウソをつかない、っていうこと。

私の場合は、抑うつ症になったとき、身体の異変に気付いて「即・病院」に行ったんですよね。ごまかしたりせずに。(この記事でもそういうお話しをしたと思います)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

このときもし、病院に行かずにずーっと会社に無理して行ってたら、それこそ抑うつぐらいでは済まなかったでしょうね。お金のためだけに、命も自分も何もかもを削りながら、会社に行き続けて…いたんですかねぇ。いわばもう閉ざされた道ですから、正確にはわかりようがないんですが、明るい道があった、とは思えないですね。 

■流れに逆らっているうちは、問題が大きくなるばかり…

ビジネスの解散だってそうでした。

正直、後半になればなるほど行き詰ってしまってましたし、次の打ち手をひねれどもひねれども、状況は好転するどころか苦しむばかり。こんときに今思えば、一旦「休業」してしまえばよかったんやろうなぁ、と思います。しんどくなりかけていたのは事実でしたし。

でも、この感覚に正直になり切れないまま時間が過ぎて、最終的にはもはや回復が不可能なほどにめちゃくちゃになってしまいました。やってきた流れに素直に、もっと決断を早くしていれば、おそらくはもっと穏やかに、やっていけてたんじゃないかと思うんですよね。

ですが、解散したあとは一気に気持ちが穏やかになりました。そう思うと、流れが示唆した通りに動いたことが、やはり功を奏したんですよね。

■流れは、正直に結果を導いてくれる。

流れって、自分自身に正直になっていけば、その通りに結果を導いてくれます。

会社をやめた方がイイかもしれない、って流れに乗った結果今がありますし、ビジネスを一端休むなりしろ、って流れに乗らずに無視してしまった結果は、最終的にはグッチャグチャ。おそらくは、サッサと流れに乗っていれば、些細な問題で済んだんだろう、と思うんですよね。

だからこそ、もしかして…?みたいな感じでピンと来た場合は、その声から耳を逸らしたりせずに、正直になってみてください。流れはそのまま進むのを助け、反対方向へ進むのは拒みます。

なにか思い当たる節があれば、ぜひ、やってみてくださいね。