大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「目立つまい」とするから、「悪目立ち」する。~特定の悩みに執着せず、一旦脇に置いてみよう。

悩みを「脇に置く」という感覚。

f:id:kantanstresskaisyou:20170724150741j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

悩みがなかなか手放せない、解決できないという状態は、誰しも一度くらいは経験したことがあるかと思います。私自身の例でいうと…どこに行っても、自分が望んでいないつもりなのに「目立ってしまう」ことが悩みでした。ヘンに注目を浴びてしまって、なんか期待に応えなきゃいけない気がして、それで気疲れを起こしていましたね。

ほんで、会社員をしていたときもどうにもそういう節があったというか…。

オリエンテーションでミスって目立ってしまったり、大きなミスをして目立ってしまったり…。で、目立つから目をつけられてしまって…。目立ちさえしなければ…こういう思考回路でおったんですよね。

ほんで私は会社を辞め、一人でビジネスをやっていく道に入ったわけですが…。このときに非常に重大なことに気づいてしまったんです。もしかして、いままで否定していた「目立つ」自分自身こそが、自分自身の人生を引っ張っていくために重要なんじゃないか、ってね。以下でその話をしていきたいと思います。

■「目立つ」許可を自分自身にした。

先ほども言いましたけど、私は会社を辞め「一人でビジネス」をやるということになったんですが…。

この時点で「目立つ」という道を避けることはできないっていう現実と向き合わなくてはならなかったんですよね。そりゃ「バカ売れ」みたいなことは誰しも必要ではないですが、少なくとも「人から見つけてもらえる」ぐらいには目立つことを許可しないといけなかったんですよね。

このときに、腹をくくって「目立つまい」としてやってきたことをすべて止めたんですよね。大人しい振りとか、こそこそしたりとか、そういうちまちました行動を全部やめたんです。

■目立つまいとしていたから、悪目立ちしていた。

そうしたら、ラクになったんですよね。しかも、不必要な「悪目立ち」はしなくなって、人から見つけてもらえるようになってきたんです。

このときにようやく気付いたんですよね。目立つ自分を否定することにばかり意識が行っていたから、もっと他にも気にしなきゃいけないところがあったのにそれが疎かになってしまって(この結果が悪目立ち)結局自分自身を貶めてしまっていたということにね。

いま振り返ってみると、非常にもったいないですよね。自分自身で自分の評価を下げに行ってしまっていたわけですから。

■特定の悩みに執着するのはやめて、開き直ってみよう!

私は、特定の悩みに執着するのは止めた方がいいと思います。

私の場合は「目立つ」ことが悩みでしたけど、それに執着しているうちはどうしても目立つことからは逃れられず、何も問題解決に向かわなかったんですよね。

それを一旦脇に置いてみて、解決しようとする動きを止めてみると、視野の凝り固まりが取れて、月並みですが「自分らしく」なってくるんですよね。そうしたら、自分らしく生きた結果が、人生にも反映されてきます。

だからこそ、特定の悩みからは一旦手を離して、開き直ってみることをおススメします。そのことが殊のほか、自分を楽にしてくれると思いますよ。