大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「決断」って、そんなに大げさに考えなくてもいいんちゃうの、って話。

決断を、そこまで重大に考えないでいいと思う。

f:id:kantanstresskaisyou:20171020170411j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

最近、振り返ってみて思いますが…正直なところ、会社を辞めることってトータルで見たら大げさにとらえない方がいい決断なのかな、と思うんです。

というのも、会社を辞めることって、そんときは痛みも伴うし、生活リズムも大きく変わるけれど、その後…それこそ半年もすれば、そういうリズムに慣れてきますからね。もちろん、会社を辞めたぐらいでは、まず間違いなく、死にはしない。これが私の実感なんですよね。

で、こういう経験から学んだのは「決断を大げさなものにしない」ことって案外大事なんじゃないか、っていうこと。なぜなら、そのことが精神面を安定させることに繋がるから。今日はそのお話しをしていきたいと思います。

■決断が影響する範囲って、そんなに大きくない。

さっきも言いましたけど、私自身が会社を辞めたときっていうのは、もちろんそのときは大きな決断だったと思います。

が、それもしばらく経ったら別に、なんてことはない、というかね。それこそ、新しいカウンセリングへの道に入っていましたけど、元の会社に対する嫌悪感であったり、 会社を辞めたことによる「ザワザワした気持ち」なんてものは、もはやなかったんですよね。

つまりは、大きな決断と言えども、人生に影響する範囲ってそう大きいものではないんですよね。少なくとも、ずっとずっとそのことを引きずって、っていう状態にはならないんですよね。

※むしろ、ずっと後悔が残ってしまうのは「やらなかった」ことの方だと思う。それこそ、私がもし会社を辞めるのが大きく遅れていたら「なんであのとき辞めへんかったんやろう…」みたいには思い続けていたかも?もっとも、これさえも憶測にすぎないからもはやわからない。

■一つの決断だけで人生を決めようとするのは「重すぎる」。

で、もしも私が会社を辞めたこと自体を「大きな決断」として捉えすぎていたとしたら…たぶん、辞めたことを殊更に誇ったり、はたまた「退路を断ったんだ、もう一生その道には戻れない…」ぐらいのことがずーーーーーーっと腹の底でうごめいていたんじゃなかろうか、と思うんですよね。要は、不安定ですよね。躁鬱状態みたいなもんでね。

だけど、さっきも言った通り、退職なんて、ひとりの人生の、とある「点」でのイベントに過ぎないわけですよ。だからこそ、それひとつで「一生」を左右する、みたいに考えるのはちょっと重すぎる、と私は思うんですよね。

■決断は、あとあと変わったって別にOK。

それこそ、私は今、条件さえフィットすれば、会社で誰かと仕事することもおそらくは可能、だと思うんですよ。これは、会社を辞めた当時の「二度と会社なんかに入るもんか!」って思いとは全くもって異質なものです。私がブログを書くようになってからはもう5年半以上経ちますけど、明確にこの点は「変わった」っていうポイントだと思います。

さて、長々とお話ししましたが…私が言いたいのは「あんまり、ひとつの決断に重きを置きすぎないで」ってことです。力が入り過ぎてしまうし、何より「重い」んですよね。その重さは、例えば「なんとなく、この決断違う気がして来たぞ…」というような、自分自身の微妙な気持ちの変化からも目を逸らさせてしまい、結果的に「病む」原因になってしまうんですよね。

気持ちなんて、そのときそのときで変化して当たり前。だからこそ、あまり力を入れすぎずに、「変わってもいいんや」と思っておく方がいいと思います。その「当たり前」を許す気持ちが、心の安定へと繋がっていくと思うんですよね。