大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

カネより、コネより、起業に大事なことはコレ。

カネなし、コネなしでも、別に起業はできる。

f:id:kantanstresskaisyou:20170914184227j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私は抑うつ症を原因として会社をパッと辞めた…という形だったので、当然ながらコネなし、カネなし、という状態で起業どうこう、ってことになったんですよね。

だからこそ、とにかくできることをやっていくしかなかったんですよね。コネがなくても、カネがなくても、ね。何もしなかったら変わりはしない、ってのはありましたからね。

で、その「できること」を積み重ねていくためには、とある重要な考え方があるんですよね。今日はその考え方のお話しをしたいと思います。

■貴賤問わず、やれることはやっていこう!

私が最初に決めたのは、とにかくピンときたことですぐできることは、貴賤問わずやっていこう!ってことでした。

ここでいう「貴賤」っていうのは、役に立ちそうか、そうでないか、って感じです。私は、役に立ちそうかどうか、とかじゃなくて、やってみたいか、興味あるか、ってところで判断していきました。

その結果、カウンセリング技術やら、自己啓発やらからスタートして、スピリチュアルだなんだと、枝葉が伸びていったんですよね。で、現在に至る、という感じです。

正直、これらは「稼げる」とかそういうイメージで始めたわけではないんですよね。

■うまくいかなかったことは、もうかるかどうかありき、になっていた。

その一方で、失敗したことももちろんあります。具体的には相手方の名誉のために言いませんが(ノウハウが悪いわけではなく、実行しきれなかった私が悪いので)、正直投資した分がそのまま返ってきたか、と言われるとそんなこともないな、ってのもあるんですよ。

そういうヤツに関しては、やっぱり下心の方が先に出ていたなーと思うんです。やりたいかどうかより、もうかるかどうか、みたいに気持ちが動いていたんですよね。やっぱり、会社を辞めた焦りも多少はあって、そのせいかすぐ稼げそう、ってなると目がくらんだ面もありました。

ですが、そういうモチベーションでしたからどうしても「稼げない期間」を粘り切ることができずに頓挫、ってなってしまいましたね。

■お金や人脈を言い訳にせずに、やれることをやる!

私が大事にしてほしいのは、なんでもいいから、できることをやろう、ってことです。

別に、お金を大量にかけないといけないわけでもないし、人脈がないとできないことばかりではないで、って思うんですよね。逆に、そこを言い訳にして何もしなかったら、当然ながら何にも変わりませんよね。

役に立つかとか、ほんっとどうでもいいんですよ(この記事でも、そういう話をしましたね)。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

まずは、興味があればなんでもやってみたら、確実に何かが変わっていくと思うんですよね。 何でもいいから、実行していけば確実に変化はもたらせると思いますよ。