大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「辞めたい」って気持ちだけで、会社なんて辞めていい。

会社を辞める理由なんて…コレで十分。

f:id:kantanstresskaisyou:20170731203351j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

こんなブログのタイトルですから当然ではあるんですけど…会社を辞めたい、という方から相談を受ける割合が最近、非常に増えています。

ただ、この会社を辞めたい、ってのは枕詞みたいなもんでね。後にはこういう文句が続くんです。「でも○○で辞められないんです…。どうしたらいいですか?」っていう感じでね。

こういうとき、私は思うんですよね。「辞めたいって気持ちさえあれば十分ちゃうの?」ってね。

■会社を辞めた後のことは、辞めてからしかわからん。

なぜそう思うかっていうと…辞めてからの不安、って、会社を辞めないと分かんないですから(笑)。結局、想像に過ぎないというかね。

私も、抑うつ症でぼんやりした頭なりに、いろいろ不安がりましたよ。こんなに早く会社を辞めてセカンドキャリアあるのかな、とか、 お金は果たしてどうしていったらいいんかな、とか…

で、そんな不安は解消しなかったけど、私は会社を辞めたいから、辞めたんですよね。

■別に、セカンドキャリアもお金もなかったけど…

その結果、別に即セカンドキャリアが降ってきたわけでも、お金が降ってきたわけでもありません。

ですが、別に「死にはしなかった」し、思ったほど「恥ずかしい」って気持ちも出ず、その一方で、会社に行かなくていいんやぁ…って思うだけでだいぶ楽になってきたんですよ。

この楽になってきた気持ちこそが大事だったなと思うんです。抑うつ症状態の頭ではどうしても結びつかなかった「なんとかなるんじゃねーの?」って気持ちに結びつき始めたんですよね。

■「なんとかなるマインド」があれば、なんでもやっていける。

この「なんとかなるマインド」がとっても大事やなと思うんです。

もし、このマインドがなかったら、当時まだまだ怪しかったネットビジネスに取り組み、ブログを書いている中でカウンセラーへの道を発見し、紆余曲折ありながらもなんとか辞めずにやってこれている…ってな道には入れていないわけなんですよね。

もちろん、カウンセラー自体はうっすらと「やってみたいなぁ…」とは思っていましたが、就活の初段階で「消えた」道でしたから、特段思いが強かった、なんとしてでも、ってことはなかったんです。

言ってしまえば、私はそもそも自信があった、やりたいことがあったから会社を辞めた、ってわけではないんですよね。何かができるから会社を辞めるんじゃなくて、できないから辞める、って方向に私は進んだんです。

大事なのは、まず動くってことなんやろうな、と思います。動けば現実は後からついてくるもんなんやなぁ…ってのはホンマ、あると思いますね。