大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

私は「自発的に」働きたかったから、会社を辞めた。

会社を辞めた一番の決め手は、あることができないのがわかったからでした…

f:id:kantanstresskaisyou:20160208174000j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日は、私が会社を辞めよう!と腹が決まった最大のきっかけについてお話ししたいと思います。

正直な話、就職活動を人の二倍以上の期間取り組んで、せっかく入社した会社を一年足らずで辞めるっていう判断は、普通ではありえないと思います。それ相応に苦労してきたわけだし、しがみつく必要があるんじゃないか…そんな思いも過ぎったりしました。

以前お付き合いしていた方と、三年は辞めるな!っていう約束も交わしていましたしね。(この記事でもお話ししましたかね)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

ただ、そういう積み重なった思いを一発で覆すほど、会社を辞めるときの決断はスピーディ、かつ、重いものでした。以下の段で、なぜそんなに早く辞める決断ができたのか、そのことについてお話ししていきます。

■とりあえず、同じ失敗をしないように仕事への「興味」を探り直した。

会社を辞めた表面的な理由は、抑うつ症をこんな早期の段階で発症するってことは「コレ向いてないよね?⇒辞めよ。」こんな流れだったんですが…

こういうアバウトなフィルターで見ているうちは、次就職してもまたおんなじようなこと失敗をする危険を感じたんですよね。向いてない、って言葉を繰り返して辞める人にロクな人がいない、ってのはなんとなく分かっていた(ちょうど、衝突した上司がそのタイプだった)ので、もう少し仕事内容やらを思い返しながら、やりがいを感じたタイミングとか、そういうのでブレーキをかけようとしたんですよね。

ところが、振り返っても振り返っても、しばらくはやる気が出ないことばかり思い返されました。特に、社内のみでやっていた仕事にはほとんど全くと言っていいほど、やる気がありませんでした。指示されたことしかできないし、やってもやらんでも何かしらケチつけられるし、じゃぁおんどれが一人でやらんかい!って思うことがしょっちゅうだったんですよね。

ただ、そんな中でもやる気のあった、おもしろかった、と思えた仕事があったんですよね。

■自発的な仕事ができたときは楽しかった。

その仕事っていうのが、会社の外の人との関わりでした。

商社のようにお客様のニーズに沿って適切な商品を探したり、外回りの仕事でご利用者様とお話しする機会は非常に楽しく、あれだけ短かった勤務期間でも、良い思い出として残っているんですよね。特に商品部門にいたときに、スポーツドリンクのようなものっていうアバウトなニーズが来た時に、エネルゲンを発注っていうアイデアを出したときは、自分でもスラスラっと話せていたんですよね。結局この話は流れたんですけど、おもしろかったですよね。

で、こっからがポイントなんですが…ぶっちゃけた話、会社の中で仕事をしていたときより、外での仕事の方がキツイことを言われたりっての、あったんですよね。商品部門のときも「あなた、本当に大丈夫なんやね!」とか言われたときもありましたしね。

それでも、楽しい方が明らかに強かった。ミスったときは、素直に自分が悪いって思えたんですよね。加えて、中での勤務でも、自発的に私から話を聴いて、その要望を伝えたりとか、自分で気づいて動けたときは楽しかったわけです。

■ただ言うことを聞くことが美徳の環境では、役に立てないことが分かった。

要は何が言いたいかというと…

私の仕事の適性は、人が要求したことをただやるってことには全くなく、自発的に閃いてこんなんどうですか?っていうことを提案したり、外に向けて関わっていくことにあった、というわけです。

つまり、会社の中でただ言うことを聞いて仕事をすることが要求されている職場の現状では、全く役に立てないということが分かってしまったんですよね。しかも、そういう職場に限って、要求通りそのままだと「もっと考えろ!」みたいに雑なキレ方をしよるんですよね。こういうのが本当に本当にイヤだったから、時期が早かろうが辞めるしかないっていうことでね。

ちなみに、今やっている心理カウンセラーの仕事は、自発的な閃きがむしろ必須ですし、提案ができないとやっていけない職業だと思っています。だからこそ、クライアントさんにダイレクトに喜んでいただける機会も多いですし、反対に、要望が期待に沿えないこともあります。ですが、自己責任と思えるから楽しいんですよね。

■人からの指示で動くことに対して、好きか嫌いか、ハッキリさせてみよう。

私は、会社でやっていくのに必要な、「人の指示通り、そのまま動く」ってことが最高に苦手かつ嫌いなので、無理に会社員を続けることはしませんでした。できないのに所属して給料をネコババするのなんて、迷惑だしね、むしろ。

もし今、仕事が楽しくなくて辞めたいな…と思っているのであれば、人からの指示で動くことに対して、好きか嫌いか、ハッキリさせることをおススメします。もし、この問いに「嫌い」と言い切れるのであれば、会社を辞めても後悔するケースは少ないはずです。