大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

自己犠牲を止めれば、生きたいように生きることは簡単にできる。

人のためより、自分のため。

f:id:kantanstresskaisyou:20170623182050j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

最近、改めて「自己犠牲」ってロクなことがあらへんなぁと思いましてね…。私は、カウンセリングの中で…クライアントさんの状態に応じて伝え方はいろいろですが、一貫して「自己犠牲は止めましょう」って話を必ずと言っていいほど、します。

どう「ロクなことがない」かというと…どうしても「報われありき」の気持ちが出来上がってしまって、思った通りに現実が動かなかったときに落ち込んだり、苛立ったり、悲しくなってしまう=総じて不安定な状態を作ってしまいがちだから。犠牲になったんだから、これぐらいはいいよね?みたいなマインドがのぞいてしまうわけですね。

ただ、ここまでは意外と理解している人も多いというか…。頭では、わかるんだけど…実際に「自己犠牲」を止められないって方はわんさかいるんですよね。では、この「自己犠牲」がなぜやめられないのか、そんで、どうしたら止められるのか…今日はそのお話をしていきます。

■自己犠牲は「いいこと」だと思わされている。

自己犠牲がやめられない仕組みって、ごくごく単純。心の根っこでいいことだと思っているから、やめられないんですよ。

例えば、学校生活やらなんやら、どこかのタイミングで「教えられる」んですよね。自分自身より、人のため、みたいなことをね。しかも、これを「正解」として学び取り「続けてしまう」から、どうしても自分を犠牲にしないことに対して「抵抗感」が強めに出てしまいがちになるんですよね。

■「他人のため」より「自分のため」。

では、こういう「抵抗感」をどう乗り越えるのか、というと…

キーワードは「自分のために」ってことだと私は思います。例えば私の場合は、ひたすら「やりたい」と思っていることをやりました。抑うつ症で仕事を休んでいながら野球の観戦に行ったり、旅行に行ったり、バンド活動をしたり…とそれまでのこと(我慢に我慢を重ねて仕事していたこと)を思えば本当にやりたい放題。

で、迷惑がかかったか、というと、正直、そんなことはなくて。むしろ、自分自身の体調が上向いていって、自分で勉強する気になって、自立への道を歩み出したわけですから、心配も「病気のまま」に比べたらかけずに済んだと思うんですよ。

■自己犠牲なんて望んでいない、って本音に素直に。

もし私が自分を犠牲にしたまま、だったとしたら…

おそらく、うつが「持病化」して、我慢に我慢を重ねて、自分の感覚がドンドンなくなっていったのかもなぁ…と思います。ただ、自己犠牲ということを是としていたら、自分の感覚よりも他への感覚が優先されますから、あくまでその「自己犠牲という望み」が実現しているにすぎない、ってことやんなぁ、と思います。

そういう意味で、「自己犠牲なんて望んでいない…。私は自分が生きたいように生きたい!」っていう本音に応えてよかったな、と思うんですよね。