大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

義務より自分の身体を優先するぐらい、許してやろうよ。

やらなあかんことあったのに…っていう後悔をしたことがあるあなたへ。

f:id:kantanstresskaisyou:20170817212030j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

さて、お盆休みが開けて初めて外でのお仕事をしてきたんですが…やはり、多少身体がなまっていますね。外の「気温差」が大きかったのも効いたのか、家に帰ってからコテッと寝てしまって、あっという間に夜になっていました。

さて、こういう状況って結構「もったいない」とか「やらなあかんことあったのに…」みたいに、後悔をベースに話をすることが多いと思うんです。というか、非常によう聞きます。

ただ、私はむしろ、こういうことでイチイチ後悔することこそもったいない、と思うというか。今日に関して言えば、完全に「寝て正解」だったと思うんです(つい1時間前まで、ブログも書かんと寝てましたけどね)。今日はなぜそう思うのか…そういうお話しをしたいと思います。

■一番大事にしたいのは「身体」だけど…

私は、一番大事にしたい要素が「身体」なんですよ。病気した経験があるのである意味当然だと思います。が、この「身体優先」ってのは油断しているとアッサリできなくなってしまうというか…。

その典型が「頭優先」っていう状態なんですよね。どういうことかというと、体調がしんどい、って言っているのに頭の中で組み上げた予定とか、義務とかを優先してしまうことね。もちろん「その瞬間だけは」なんとか頑張ってくれることもあります。

■「頭優先」のしっぺ返しこそが「死」を招く。

ですが、これを積み重ねるようにやってしまうと、必ず身体(というか、状況、って言った方がいいかも)がしっぺ返しをしてきます。

私の場合は抑うつ症が完全にそれに当たりましたし、一人で仕事をするようになってからも「周囲から期待される姿」とか、そういう頭で考えたものを優先した結果「破滅」を迎える人は後を絶ちませんでした。

ちなみに、ここでいう「破滅」の中で最もエグかったのは「死」です。これホント、笑えないんでね。

■義務より自分の身体を優先するぐらい、許してやろうよ。

だからこそ、うっかり寝てしまったとか、疲れたときに義務よりも身体を優先するぐらい許してやりぃや、って思うんです。少なくとも、死ぬよりはマシでしょ?

私は身体のことを優先するようになってからの方が、それこそ「義務」らしきものも果たしやすくなったんですよ。例えばこのブログだって、しんどいときは書かない、ってのを徹底しているからこそ、たまに休んだとしても「辞めたり」はせずに続けていられるんですよね。

頭だけでは、物事は実現できません。身体ありきです。だからこそ、身体が最優先、ってのは自然な話だと思うんですよね。つまりは、疲れてたら素直に休もうぜ、ってことです。それこそ、義務を置いてでも休めたことを褒めてもいいぐらい、だと私は思うんですよね。

言うても義務は休んでから頑張っても十分間に合いますから。まずはエネルギーを回復することから、優先させてみてくださいね。