大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

頑張るのを止めるのって、別に「正解」ちゃうでって話。

頑張ろうが、頑張らまいが…

f:id:kantanstresskaisyou:20170621142443j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

さて、今まで私はそこそこの数、頑張るということを題材に記事を書いてきました。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

で、なんでこんなに手を変え品を変え…って形でいろいろと記事にしてきたか、って言いますと…「頑張りに対する考え方」がうまくフィットさせられないと…かえって人間関係が不安定になったり、体調が悪くなったり、といった具合に、頑張りに翻弄されることになってしまうから

そこで今日は、「頑張り」をうまく生かすためにどうしたらいいのか。その考え方についてお話ししていこうと思います。

■つまりは、ケースバイケース。

やること自体は非常に単純です。

頑張るのが辛いなら、頑張るのを止めてください。反対に、頑張りを止めるのがしんどいなら、頑張ってください。

つまりはね、ケースバイケースなんですよ。これがマジで大切でね。実は、前者のパターンで困っている人って、正直私はあんまり見ないんです。頑張るのを止めてみる、ってアイデアに触れた瞬間に、なんだかんだすぐできることが多いんでね(やり過ぎる人はいますけどね…)。

■頑張りを止めるのは「正解」ではない!

…私がむしろ問題やなと思うのは、後者のパターンなんです。 

なにが問題かって、頑張りを止めるのが「正解」だと思い過ぎて、頑張りを止めるのを頑張ってる人がまーーーーーーー多いこと多いこと。それめちゃくちゃ頑張っとるがな、って話でね。

もういっぺん言いますが、ケースバイケースなんですよ。頑張りを手放す、って考え方がどうしても合わない人だっているんですよ。頑張りを手放すのがしんどいなら、頑張った方がいいです。

日本語にするとややこしいんですが、頑張らないことよりも頑張る方が「ラク」なら頑張っていいんですよ。結局のところ、頑張りを手放そう、ってのは「自分にとってラクな選択肢を選んで行こう」って話なんでね。

■自分にフィットするかどうかだけを大事に…

この頑張りの話に限らずですが…

心理学でもなんでも、あなたに「合う」ものを選んでほしいんですよ。私がいま言っていることだって、合う人もいれば合わない人もいる。そこに正解不正解はないんです。

だからこそ、とある方法ができなかっただけで自分を責めたりしなくていいし、無理して頑張って習得する必要もないです。もちろん、方法を責めるのもNG。間違い、ではないんですから。

自分にフィットするかどうか。ここだけを大事にしていればいいんじゃないかな、って私は思うんですよね。