大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

自分にとって本当に必要なものは、「独学」だからこそわかる。

独学の方が身に付きやすい、と思うんです。

f:id:kantanstresskaisyou:20170626135522j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私、心理カウンセラーをやってはいますけど、実は今までの学習は「独学」。誰かに付いて学んだことがないんですよね。理由は単純で、いわゆる「努力っぽいこと」を人に見せることが好きじゃないってこと。加えて、人から要求される「カリキュラムという要領」に応えることができないから、なんですよね。

私の持ってる「クセ」として、どうしても「わからない」を「判る」ことができないというか…分かったような気になってしまいやすいから、人のペースではどうしても「できる人」に明確に劣ってしまうんです。

だからこそ、私は独学スタイルでずーーーーっとやってきたんですが…、この「独学スタイル」だったからこそ、今でもなんだかんだ、個人事業主で過ごさせてもらえているんかなと思うんですよね。今日はその「独学スタイルのススメ」をお伝えしたいと思います。

■独学なら「人のペース」で動かなくていい。

さっきもチラッと言いましたが、独学スタイルの一番いいところは「人のペースで動かなくていい」ところ。

ほんま試してほしいんですが、自分のペースで動いていればつまんないミスもしないし、漏らしがなく身に付くし、わかんなかったらいつまでもそこで居ることができるんですよね。反対に、コレ要らなくね?って思ったら容赦なく省くこともできる。つまりは、やる気が落ちずにやっていける、ってわけです。

特に、私みたいに「カリキュラムというプラン」に応えるのが苦手な人には本当におススメです。

■独学なら「ついていかなくていい」。

ほんで、さっき一番いいところと言ったのに恐縮ですが、さっきのメリット以上にデカいのが「ついていかなくていい」ということ。

私、とにかく人に付いていくのが大嫌いだし、苦手。いろんなことを教科書通りにしかできない(やらない)人とは遅かれ早かれ、仲が悪くなります(笑)。ディスってしまいますからね。だっておかしいですやん…必要性を説明できない上に「体感」をしてもいないのにも関わらず「教科書に載ってた」というだけで「正しい」って思いこむの、ね。

で、そういう腑に落ちない「要らない知識」を削ぎ落すのが遅れてしまうんですよ、ついていってると。いや、遅れるだけならまだマシで…できないんですよね。いわば「お上の意向」みたいなものをうかがってからでないと動けない、っていうね。自己判断はどこに置いてきたんじゃいと。

■独学だから「本当に必要なもの」がわかる。

独学でやっていれば、自分に「本当の意味で」何が必要なのかがわかるんですよ。

教科書のカリキュラムがどうのこうのではなく「体感上」、これが必要になるなってことがわかるわけです。だから、無駄がないし、集中力も最大でやっていけるし、何より「人に迷わされる時間」がなくなるから、本当にスムーズです。

だからこそ、私は独学を推します。仮に道に迷って人に訊くにしたって、自分自身の「体験」があれば、その体験をもとに「訊くべき人」に訊くことができますから、ムダになんてならない。マジでおススメです。