大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

自分の「アバウトな悩み」を掘り下げるべし。~伸び悩み、しっくりこない…って状況の乗り越え方。

あなたのことを一番知っているのは、あなたなんです。

f:id:kantanstresskaisyou:20170627180428j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日はこないだの記事にちょっと追加というか…さらに掘り下げておきたい部分があるので、そのお話しをしたいと思います(こないだの記事ってのはこちらです)。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

なんでわざわざ追加でお話ししたいかというと…このスキルは「会社を辞めても生きていく」ために必須といってもいいぐらい、と思っているからなんです。では、なんでこれが「必須」なのか、それを今日はお話ししていきたいと思います。

■あなた以外に、あなたに必要なものがわかっている人間はいない。

まず、大前提として分かっていないといけないことがありましてね。

それは、あなた自身以外で、あなたに最も必要なものがわかっている人間はいない、ということ。

ここはね、ホントしつこくても言っておきたいところなんです。私がそうだったんですが…やっぱり、会社を辞めたてのころって得体のしれない不安があるんですよ。このままで生きて行けるのか、みたいなアバウトな悩みがね。

で、この「アバウトな悩み」こそが諸悪の根源と言うか…。これにつけ込んで(つけ込んでいる本人に自覚はないけれど)、その不安をクリアにしましょうってな名義でいわゆる「新興宗教」とか、わけのわからんツボ売りとか、そういうモンが寄ってきてしまうんですよね。

■自分の「アバウトな悩み」を掘り下げるべし。

だからこそ、自分自身が「何に」悩んでいるのかを知るのはとっても大事。

それこそ、さっきの私のアバウトな悩みの正体を、つきとめる必要があったんですよ。そしたら分かったのは…自分の能力ごときで、個人事業主っていう「すごい人」がやりそうな職種で食べていけるのか、ってことでしたから、それを解決できそうなブログライティングへの道を示されて、それに乗っかることができたのはとても良かったんですよね(文章を書くのは好きだったから、「すごい人」とか意識せずにできそうな気がした)

で、とりあえずブログを書いて、調べてってやっているうちに「カウンセリング」への道が開いてきて、これは楽しそう!しかも自分の抑うつ症の経験も役に立つ!って思えたから、今の道にやってきた…ってわけなんですよね。結果、会社は半年でアウトだった私が、5年以上続けられているわけですから、よかったと思うんです。

■自分で自分に聴く時間を作ってみよう。

自分がどういう方向に行きたいのか、そしてそのためにはどういう方法でいけばいいのか…。これを自問する時間は、マジでムダにならないと思います。

自問をしていれば選択を間違う確率はほぼなくなりますし(自問で理解しているから)、「要る」とホンキで理解しているからこそ、ものごとを吸収するスピードも段違いに早くなります。

ですので、もしなにか「伸び悩んだり」「しっくりこなかったり」っていうことがあるのであれば、「自分はどう思っているのか」もう一度、自分に聴いてみる時間を作っていくことが大事だと思います。