大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

心が疲弊する「根性だけで、仕事を乗り切るクセ」をやめるにはどうしたらいいの?

根性だけでは、乗り切れない。

f:id:kantanstresskaisyou:20170118165426j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私、病気で一度倒れるまではずーっとそうだったんですが…何でもかんでも根性で乗り切ろうとしていたんですよね。なんとかするなんとかする、と言い聞かせて、無理やりに乗り切ってきたんですよね。

言うまでもないでしょうが、精神衛生的に全くもっていい方法ではなかったですね。結果的に振り返ってみて、根性が付いたわけでもないですしね。得られたものは、こうやって「根性でやろうとするの、よくないよ」って話をするきっかけになったこと、ぐらいです。

ただ、この「根性で乗り切ること」って、クセになっている人も多いと思うんですよね。そういう状態だった時のことを振り返ると、それしかないやん!みたいに思っていた部分も大いにありましたからね。ですので、今日は「根性で乗り切ろうとするのをやめる方法」についてお話ししていこうと思います。

■根性でやろうとすると、工夫しないクセがつきやすい。

まず、根性で乗り切ろうとする方法が良くないとする理由について…さっき挙げた理由以外にも大きなヤツがありましてね。

その理由ってのが、工夫しないクセがついてしまいやすいことなんです。問題が起こると、自動的に脳の問題解決スイッチが「根性」の方に切り替わるようにしていれば、考えなくていいからそのときだけは「実はラク」なんですよね。

ですが、根性でやろうとすると、どうしても耐えればいいじゃん、とか、我慢すれば…とか、そのような思考(もはや、考えなしにこうなることも多い)に陥りやすくなります。これが非常によろしくない。

■耐えてるだけだと、前向きな発想が出てこない。

何が良くないかって、耐えなくていいことまで耐えたりして、次第に心が擦り減るもとになっていきます。私の場合は、仕事ができなくて罵倒されている状態だったんですが…それも「耐えれば、根性で我慢すれば…」って発想になっていたんですよね。ぶっちゃけ、そこに「仕事をできるようになる」といった前向きな考えはなかったですね。

耐えていれば、のど元を過ぎれば…

こういう気持ちで仕事をしているもんだから、ずーっとすり減っていったまんま。しかも、根性はいわば、どんどんひん曲がっていったわけです。どうせ我慢してりゃええんやろ?みたいになってね。つまりは、本来「根性」にはあるはずの「真面目さ、誠実さ」すら伝わらないって事態になってしまうわけです。

これでは、あまりにも損、じゃないですか。

■「それは、本当に我慢してまでやること?」と自分に聞いてみてください。

だからこそ、根性でどうこうする前に、一度「もっといいやり方はないか」とか、「これは本当に我慢してまでやることか?」ってことを問いかけるクセをつけておいた方がいいと思うんです。そうすれば、むやみやたらに根性でなんとかする機会が減る分、ストレスが幾分かマシになって、余裕も次第に出てきます。

経験上ですが、根性だけでなんとかしようとすると、思考停止している分、本人がストレスに対して自覚的でないケースが多いんですよ。私の場合を含め。だから、ふとした、ちょっとしたきっかけで急に爆発するケースもあります。これは仕事が頑張れないよりもはるかに大きなリスクですからね。

ですので、根性で何とかしようとしがちだなぁ…と思った方は、ぜひ気をつけていただきたいと思います。思いのほか、心は疲弊しているかもしれませんよ。