読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

溜まった仕事がササっと片付く、魔法の言葉。

仕事が溜まっていると地獄…この状態から抜け出す一手とは?

f:id:kantanstresskaisyou:20160829091915j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今日のタイトルは陳腐なコピーで始まったんですが、実際問題、こういう方法を求めている方は数多くいらっしゃいますのでお話ししていきたいと思います。

仕事って、多かれ少なかれ、「溜まる」って状態、発生しますよね?で、この「溜まる」状態になってしまうとどうしてもやる気がガクンと落ちてしまいますよね。特に、私の場合はひとりで仕事をしていますから、仕事を溜めてしまうとそれだけで死活問題。

ですから、もちろん仕事は溜めないように心掛けていますが、それでもダメなときっていうのはあるもんです。今日は、そういうときにできる限り仕事を溜めずに済む方法について、お話ししていきたいと思います。

■とにかく、やることを決めよう!

一番大事なことは、とにかくやることを決めることなんです。

仕事が溜まっているときって、どうしてもやることが決まらず…どこから手を付けていいのかわからないって感じになって、結局思考停止してしまうことが多いんですよね。この思考停止が一番ダメで、何にも手が付けられていないのにも関わらず時間だけが過ぎていく…ってなってしまうんですよね。

だからこそ、まずはやることを決めて、それに取り組むことがホントに本当に大事です。

■「今すぐやれるのはどれなんだ」?

ただ、その「やること」が決められないってパターンもあります。

アレもこれも大事だし…といった具合に、いろいろ追いかけてしまうことってよくあります。ただ、これももちろん仕事を進める上ではマイナス。やることが決まらないから当然仕事は進みません。…そこで、ここにある基準を入れてあげればいいんですよね。

その基準っていうのが、「今すぐやれるのはどれなんだ?」っていうこと。

これが冒頭でお話しした魔法の言葉なんですが…これホント効果的でね。この言葉のイイところは、とりあえず「流れ」ができることなんです。今すぐできることと前向きに考えられることで、初速がつくといいますかね。

ほんで、初速さえつけば、案外仕事を片づけるためのエネルギーって湧いてくるんですよね。例えるなら、動いていないモノを動かすのは大変ですけど、動いているものを動かすのはカンタンですしね。

■効率とかなんとかウダウダ言わずに、手を付けることが大事!

仕事を片付ける上で、とにもかくにも大事なのはまず「手を付けること」です。

仕事が溜まっているときは、こういう順番でやれば片付くとか、正直そういう「効率」などのことはあまり考えなくてもいいと私は思います。結局のところ、やってみないとわからないことの方が多いですしね。で、効率面は「やりだしたら」見えてくるものであって、やる前からウダウダ考えるもんではないように思います。

何度も言いますが、まずはカンタンに手が付けられるところから!これは鉄則中の鉄則です。