読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

仕事は、「出来」よりも「仕上げ」を優先!~その方が結果的に出来もよかった、という体験談。

仕事が「うまくいかない」ときに読む記事

「出来」は、後からでも上げられるから…

f:id:kantanstresskaisyou:20160725160349j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今の仕事を始めてから意識するようになった…というか、習って実践してその通りだったな…と思うノウハウについて、今日はお話しします。

そのノウハウとは、「出来は後回しでいいから、とりあえず仕上げろ!」っていうもの。

実は、このノウハウを初めて聞いたときは結構な抵抗感があったんですよ。「わざわざ不出来なモノを出すのか?」みたいに感じてしまいましてね。ですが、最終的にはこのノウハウ通りにやる方が、出来もいいなー、と感じています。

今日は、「なぜ、とりあえず仕上げる」といい結果が出るのか。そのことについてお話ししていきたいと思います。

■最初は、なんとなく「不出来」な気がする。

まず、このノウハウを実践して感じたのは、やっぱり不出来な気がする…っていうこと。

で、ちょこちょこやり直して…やっぱり納得いかず…この繰り返しを行っていたんですよね。ただ、やはり「とりあえずのゴール」めいたものにはたどり着くので、仕事をこなしている回数は増えているような感覚を感じました。すると、やはり回数をこなしているからなのか、どんどん早くなっていくんですよね。しかも、回数をこなしているから、慣れてきて「正確性」も上がっていったわけです。

結果としては、最初のフィーリングはどこへやらで、このノウハウでやると出来がいい!って感想になりました。

■仕上げれば、回数をこなすことができる!

つまりは、この「仕上げろノウハウ」は、回数をこなすために必要なノウハウなんじゃないか、と思うんですよ。

以前の私の仕事のやり方…「遅くてもいいから丁寧に…」って形で仕事をしていたときのことを思い返した時、よう考えたら別に「芳しい結果」があったか、と言われたらそうでもなかったよなぁ、って感じるんです。もちろん、仕上がり回数が少ないから、成果もないし、ひどいときは0に近かったんですよね。

前の会社で器具のメンテナンス作業やってたとき、やり直しさせられるのがイヤで丁寧にやってたんですが、結果、丁寧にやってもやり直しさせられてましたしね(笑)。その一方で仕事が早かった同僚はササ―っとやって、やり直しになっても早くできてましたから、結局仕事がドンドンこなせるようになってたのを思い出します。

■やり直せば、どうすればいいかわかる!

早くやった結果、やり直しになっても、それはそれでいいと思います。

その分、どの道を通っていけばいいのかがわかるじゃないですか。反面、仕上げてから方向性が間違っている…ってなってしまうと、すんごく遠回りです。もしまーーったくの反対方面に成果物があったとき、徒労感で心がボロボロになってしまいますよね。

大事なことは、やり直すことを怖がらずに、まずは思うように仕上げてみて、判断を仰いでみること。

そうすれば、結果としていくべき道が見えてきて、ドンドン早く動けるようになっていくと思いますよ。