読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

自分では仕事を頑張っているつもりなのに、なぜか仕事がうまくできない・つまんない…という会社員のあなたへ。上司と合わなくて抑うつ症を発症し、新入社員の座から9か月で逃げ出した落ちこぼれ会社員だった私でも、リピート率93.7%の独立系心理セラピストへと転身するに至った、「会社に依存しなくても社会でやっていけるようになる」マインドについて、体験を交えてお伝えするブログです。

自分へのウソは、確実に自分に跳ね返ることを実感した話。

会社・仕事を辞めたい!と思ったら読む記事 仕事が「うまくいかない」ときに読む記事 仕事のやる気が出ない、出したいときに読む記事

知らず知らずのうちについているウソが、自分を傷つけてしまうんです…

f:id:kantanstresskaisyou:20151207135442j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私が会社員時代に抑うつ症を発症したときのことを思い返していると…やっぱりね、ウソが多かったなぁと思うんですよね。就職のため、という目的化した就活でやりたい仕事からは遥か遠くの業界に就職したのにも関わらず、「将来性あるし!」みたいな文言でごまかしてました。

もっと言うと、就職したくない!人の言うことに従う人生がイヤ!っていう強い本音があったのにも関わらず、就職を選んでいるところがなかなか、いただけないところです(笑)(そのときの話は、コチラの記事でもしています。)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

今日は、そうやってウソをついた結果、私がどうなったのか…そのお話しをしていきたいと思います。深刻にならず、気楽に読んでいただけたら幸いです。

■ウソは、ウソを引き寄せてくる。

そして、ウソのヤバいところは、ウソがウソを呼ぶというか…

ボーナスも表示されている文言とは全く違う倍率だったし(数字で言うと2ぐらい違った)、行政にルール違反で注意されたり、他の同業者の倉庫と自社の倉庫を見比べて衛生面レベルの格差に愕然とするといった、論外としか言いようのない現実が起こり始めたんですよね。

この現実に、ものすごく怒りを感じてましたよね。何なんこの会社、ってね。かなりの勢いで文句を言っていたと思います。

■就職できてヨッシャってごまかしたくせに、気づけば文句を言っていた。

ただ…そもそも状況が悪くなったのは、私がウソをついたからっていうポイントが大きいわけで。

就職だけを目的にしていたのにもかかわらず、いつの間にやらこんなはずではない!って話になっていたんですよね、自分の中で。就職だけが本当に目的だったのなら、職に就いた時点でゴールじゃないと、過剰な言い分ですからね。

言ってしまうと、「え?お前、そこに就職でOK出したんやろ?」って言われてもしゃぁないで、って話なんですよね。私自身、このことにもっと正直であれば、ヘタに心を病んでしまうこともなかったのかなと思います。(もっとも、この経験以後、自分にウソをつかなくなっていけたので、財産っちゃ財産ですけどね。)

■理想の人生へと、人生の軌道を修正するために必要なこと。

このブログを読んでくださっている方には、今、現実が理想とは遠いな…と感じている方も多いと思います。

そんな方にこそお伝えしたいのは、まずは自分の人生から「ウソ」を出来る限りなくしていこう、ってことです。ウソをつくと、どうしても周りの現実はウソに立脚したモノになってしまうんですよ。当然、理想からは離れていってしまうわけですね。

特に、その場しのぎっぽいウソ(後々苦しくなるのが目に見えているウソ)ほど、すぐに止めた方が身のためだと思います。リアルに体調(現実)に跳ね返ってきますからね。

本音を大事に生きていけば、多少の困難は乗り越えるエネルギーが湧いてきます。だから私は、あなた自身の本当の気持ち、信じてあげてほしいと思うんですよね。