読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

就業時間内に仕事が終わらず、常に残業でしんどい…というあなたへ。

会社・仕事のストレスを簡単に減らすテクニック 仕事を休みたいぐらいの体調不良のときに読む記事 仕事が「うまくいかない」ときに読む記事

仕事を頑張っているけれど、先の見えなさにしんどさを感じているあなたへ…。

f:id:kantanstresskaisyou:20151109121133j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私がご相談を受ける上で最も多いオーダーは、仕事がしんどい、全然終わらなくて残業しまくりなんですけどどうしたらいいですか?っていうラインの相談です。こういう方は、基本的に「仕事、全然できないんです…」っていう物言いをすることが多いです。

ただ、実際問題、話を伺っていくと、すっごいしっかり仕事をしてはるし、仕事面の能力には一切問題がないことがほとんどなんですよね。少なくとも、私のところに来て下さる方々はそういう方が多いですね。

…ただ、その「しっかり仕事ができる」っていうところには、落とし穴があるんですよね。その「落とし穴」とは?以下で詳しく説明していきますね。

■「仕事をしっかりできる私」に執着してしまいがち。

その落とし穴っていうのが、仕事ができるがゆえに、仕事ができていないと大きな不安が襲い掛かりがちになる、ってことなんですよね。どういうことかというと…仕事ができるっていう状態が心の柱になっていて、仕事ができないと一気に自分自身が崩壊してしまう…っていうことです。この状態の何が良くないかっていうと、仕事に怯えなきゃいけなくなるんですよね。

仕事って正直、毎日ルーチンワークばかり、ってわけではないですやんか。いつ何時、イレギュラーな仕事が舞い込んでくるかわからないわけです。そうなると、当然ですが「ミス」をやらかすこともあるわけです。で、しっかり仕事をすることに執着しすぎると、その「ある意味仕方ないミス」すらも大きなダメージになってしまうんですよね。

仕事ができることが私の存在意義…。

こんな信念が気持ちの奥底に根付いていて、ミスをした瞬間にがくーんと落ち込んでしまいがちになって、より「なんとかしなきゃ…!」って強迫観念が強くなりすぎて、心がバキっと折れてしまうわけです。これではなかなか気持ちが安定していかないんですよね。

■仕事をすることに執着するのを止められるシンプルな方法。

ただ、この状態を脱出する方法は実にシンプルです。

仕事を請け負う前に、素直に、しんどい、できませんって口に出して言うこと。コレだけなんですよね。

しんどいってことさえ言えれば、少なくとも無理な量の仕事が押し寄せてくることはなくなります。そうすれば、仕事も確実にこなすことができますし、不測の事態が起こる確率も落とせます。きちんと仕事しているのだから、たまの「しんどい」ぐらい、受け入れられると思いますしね(というか、ここを受け入れてもらえない会社なら、辞めた方がいいです。真面目に仕事をすればするほど、損ですから。)

■正直、仕事より自分が大事で当然だと思う。

私は、仕事より自分が大事です。

何回かお話ししていますが、私は一度抑うつ症で潰れていることもあり、自分自身の状態には丁寧に気を配るようにしています。(詳しくは以下の記事をご覧くださいね)

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

自分を大事に出来てはじめて、仕事も良質なクオリティのモノが提供できると思います。だからこそ、自分自身から聴こえてくる「しんどい」って声を無視せずに、キチンと受け止めてあげてくださいね。