読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「捨てなきゃいけないプライド」の見極め方とは?

要るプライドと、要らないプライド。しっかり見極めをつけたいところです。

f:id:kantanstresskaisyou:20150916103840j:plain

こんばんは。心理セラピストのキタダハルキです。

私、会社を辞める前はめっちゃくちゃプライドが高かったんですよね。

恥をかきたくないから、人にわからないことを質問するのも抵抗があったし、できる限り頭を下げたりしなきゃいけないようなこともしたくなかった。

(でも、それじゃうまくいかんかったのは以前コチラでもお話しした通りです。)

★参考記事

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

で、このプライドを維持したまんまだったから、仕事がどんどんできなくなっていったわけなんですが、それを強制的に捨てなければいけない出来事が私の身に起こりました。

今日は、そのときのお話しをしていこうかと思います。

■そんな私の、プライドを捨てて頭を下げた瞬間。

それこそが、就職浪人をしてまで入社した会社の、わずか9か月での退職を決意したときでした。こんとき、何よりも両親に申し訳なかったですよね。あぁ、またもや迷惑をかけるのか、とね。でも、そんなこと言ってられなかった。

抑うつ症を発症して人生最大のがけっぷちなのに、これ以上チンケなプライドごときにしがみついて生きていては未来がない。だからこそ、頭を下げてでも会社を辞めて、個人での仕事をするための勉強期間に移行したんですよね。

私の中では、この「頭を下げてプライドを捨てた瞬間」が、おそらく人生の転機になったと思うんですよね。もし、「一時の恥」を恐れて病気を抱えながら会社員やってたら、間違いなく人生が歪んだものになっていたでしょう。

■捨てなきゃいけないプライドの見分け方。

私は、以前コチラの記事でもお話しした通り、プライド自体は必要な部分もあると思っています。

★参考記事

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

ですが、色々と自分の身ぐるみを剥いでいったときに残る気持ちが「恥ずかしい」というだけならば、そのプライドは捨てなきゃいけないと思います。この類のプライドは身をたすくどころか、身を滅ぼすもんですからね。

恥は、かいたって死なないですから。頭を下げたときに本当に実感しましたね。

■会社を辞めたい理由と、会社を辞めたくない理由を見比べてみてほしい。

もし今、この記事を読んでくださっている方の中で、会社を辞めるか辞めまいか悩んでいる…という方がいたら、ぜひ考えていただきたいのが…会社を辞めたい理由と、会社を辞めたくない理由です。

このふたつを、目に見える形に書き出すなりして比べてみてほしいんですよね。そうしたら、どちらかかたっぽは「プライドにまみれた恥」の気持ちが中心になると思うんですよ。

最後に、この二つを見比べて、冷静な気持ちで感じてみてください。どっちの未来が、明るそう?ってことをね。