読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

会社、辞めたって生きていけるで。

会社を辞めても、生きられるで!ってことがお伝えしたい。

f:id:kantanstresskaisyou:20161201114436j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

当ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。自己紹介させていただきます。

■私は、今、会社員ではありません。

というか、会社員だった期間は、人生の中で9か月しかありません。しかも、そのうちの3か月は休職していましたから、事実上、会社員だったのは半年だけです。

正直なところ、辞めた瞬間は生きていけるのかどうか、不安でたまりませんでしたよ。当時は現在のように、個人で仕事をすることが向いているなんて微塵も思わなかったし、公務員試験を受けようかなとか、ぼんやり考えていました。

でも、入る先が「組織」だったら、結果大して変わらない…というか、もう一回抑うつ症を引き起こす自信はありました。どう考えても、また嫌いなやつの言うことを仕方なく聞いて、相手を殴るわけにいかんから自分のことを殴りつけるような、自分が傷つくだけの生き方を止められないと思ったんですよね。

だから、一見危険な「ブログ起業」のような「個人でやっていく」道に入ったんですよね。私は、人に合わせることが苦手、なおかつキライということに向き合わなくてはならなかったんですよね。

■会社、辞めたって生きていけるで。というタイトルにかけた想い。

このタイトルは、私が会社員として最もつらかった時に、誰かにかけてほしかった言葉です。

会社だけが人生じゃない。会社を辞めたって、生きていける。

このことを腑に落とすことができれば、今すぐ会社辞めてやるぜって方も多いと思うんですよね。むしろ、辞めてしまったらどうなるんだろう?と不安だからこそ会社をなかなか辞められなかったり、はたまた、割り切って続けるって結論が出しきれないわけで。だからこそ、実際に私が会社を辞めてみてどうだったのか、そして、どのように生きてきているのか。それをお伝えしたいんですよ。

私は、会社を辞めてよかったと本気で思っています。もちろん、自分の実力が発揮できなかったから、ってこともありますが、それによって毎日「迷惑」をわざわざかけにいく上に、自分を傷つけるような生き方になることが、私は最もイヤだったしね。

加えて、仕事の責任自体は以前よりも重いですが、その分自分の裁量が自分の人生に影響を与えるっていう、本来あるべき姿に人生がグッと近づいたことに、生きがいを感じています。

■このブログでは今後、会社を辞めても生きてこれた、という私の経験をもとにメッセージを発信していきたいと思います。

ただし、私はあなたに「会社を辞めろ」と言いたいわけではありません。

当時の私の、会社を辞めるという判断には、「勢い」と「怒り」がたぶんにありましたから、ハッキリ言って冷静な判断とは言い難いです。運に恵まれた側面も否定できません。

ただ、会社を辞めても大丈夫、って気持ちがあれば、もし会社員を続けるにしても、いくぶんか気持ちがラクになると思うんですよね。辞めても大丈夫、って思えていれば、気持ちを追い込み過ぎて、心身を病んでしまうこともないと思うんですよ。

このブログでは今後、会社を辞めても生きてこれた、という私の経験をもとにメッセージを発信していきたいと思います。

改めて皆様、よろしくお願いいたします。