読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「イヤなコト」は、あって当たり前だと思っていた方が、ダメージが少ない。

イヤな思いを、引きずらないために…

f:id:kantanstresskaisyou:20150904131123j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今回は、イヤな出来事のダメージを軽減する考え方について、お話しいたします。とってもシンプルな考え方です。

イヤなコトは、当たり前にある。

コレがすっごくシンプルかつ、重要だと思っています。実際問題、今までの人生を振り返っていただければ、誰しもイヤなコトの一つや二つ、ありましたよね?つまり、イヤなコトがあるのは「当たり前」なんです。この前提は、人間である以上崩れることはありません。

では、なぜ「イヤなことがあるのは当たり前」って思っている方がダメージが少ないのか。そのことについて以下でお話ししていきますね。

■イヤなコトが「起こらない」ように対策するのって、実は意味がない。

私自身も、それこそ会社員時代に「イヤなコト」が起こらないように…と思ってやっていた行動は…

・苦手な仕事をして怒られるのがイヤだから、トイレに長めに立ってみる。

・ミスをして怒られるのがイヤだから、仕事は覚えようとせずに聞きやすい先輩に聞きまくる。

・仕事が遅くて怒られるのがイヤだから、とりあえず「一生懸命感」を出そうとする。

ね、意味ないでしょ??(笑)むしろ、嫌われる一択しか可能性がない、といっても過言ではないと思います。

■「イヤなコト」って案外根性がある。

ただ、イヤなコトが起こるのがイヤで、全力でバリケード張って回避しようとするっていう、「武装」をしてしまう方って非常に多いんです。この対策、確かに一時的には機能します。怒られないときもあったしね。

ですが、「イヤなコト」って案外根性があるんですよ。どういうことかというと、バリケードにガンガンぶち当たってくるんですよ。突き破ってやろうとしてね。

で、武装グセがついてしまうと、それを怖がって、さらにバリケードを強固にしてしまうんですよ。この段階で、周囲には「武装国家」のような印象が段々作られていくんですね。

こうなると、味方をしてくれる人の存在まで遠ざけてしまいがちになるんです。単純に、近寄りがたいのでね。

■「イヤなコト」は、回避しているとドンドン強くなる。

すると、段々形勢が不利になっていくわけですよ。助けてもらえないわけですから。

そんで、「イヤなコト」が突き破ってくるころには、とんでもないほど「イヤなコト」は強くなっているんですよ。要は、耐え切れないほどイヤなコトが起こるんです。ちなみに、コレが私の場合は「抑うつ」となって顕れたんですよ。

ただ、ココで「イヤなコト」の立場になって考えてみると…いいことと表裏一体で、あって当たり前のはずなのに存在を否定されたから、「なにを!」と自分の存在を守ろうとしたに過ぎないんですよね。

■最も、ダメージの少ない考え方。

だから、イヤなコトは、当たり前にある。この存在をそのまま認めてしまう。結局のところ、コレが最もダメージが少ないんですよ。イヤなコトがあるのは当たり前だと思えているのと、起こるはずのないイヤなコトが起こった…と思うの、明らかにダメージが軽いのは前者ですよね。

だからこそ、イヤなコトにフタをして、無理やり無き者にしようとするのは止めましょう。そうすれば、心のバランスが取れて、ストレスにも対応しやすくなると思いますよ。