読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

人のこと「ばかり」褒めていると、自信は損なわれる!~あなたはもっと、自分を褒めていい!!

自分に自信を持てる考え方

あの人はできる、なのに私は…という思いを持っているあなたにお届けします。

f:id:kantanstresskaisyou:20150831125645j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今回、やっていただくことはひとつ。

一回、人のことを「すごい」と殊更に口に出して、人のことばかりを褒めるのを止めてみてほしいんですよ。特に、いま自信がないなぁ…って気持ちが出てきてしまっている方。

人を褒めるのはもちろんいいこと、なんですけど…人のこと「ばかり」となると話は別。人のことばかり褒めれば褒めるほど、あなたの自信は損なわれていくんですよね。エッ!そうなの…?と思ったあなた…以下を読み進めて、そのメカニズムを知っていただけると幸いです。

■「伸び悩む人の相場」って、正直決まってるんです。

私は職業柄、いろいろな人の相談を受けたり、はたまた同業の方とお話しさせてもらう機会が多いんですが…悩んでしまっている人・力が伸び悩んでしまっている人は決まって言うんですよ。

周りがすごくて焦る、とか、自分なんてあの人に比べたらまだまだ、とか、こっちが「○○さん、すごいです!」って言っても謙遜して「イヤイヤ…」ってなってたり…

私、こういうの非常にもったいないと思うんですよね。まったくすごいところがない人なんて、出会ったことがないですし。で、チャンスを逃しているだけなら百歩譲ってまだ害はないけれど、人ばかりを褒めているときの「言外の響き」が非常にまずいんです。

■「言外の響き」で、自分自身の自信が奪われてしまう!

言外の響き、とは何かというと…直接言葉にはなっていないけど、そういう解釈が可能なフレーズのまとまりのこと。さっきの言葉を具体例にはめ込んでいくと…

・周りがすごくて…⇒自分はすごくない。

・あの人に比べたら…⇒自分はすごくない。

てな形で、無意識の中に組み込まれていってしまうんです。しかも無意識だから、知らない間に「自信がない自分」としての認知がなされていってしまうんです。コレ、恐ろしいですよね。

■自分→相手だけでなく、相手→自分という視点は、当然ながらある。

実は、人のこと「だけ」をすごいと思うのって、非常に大きく偏ったモノの見方なんですよね。だって、自分→相手だけでなく、相手→自分という視点も、当然ながらあるわけじゃないですか。

このことを意識できていれば、相手の立場から見たらあなただってすごい可能性があるんですよ。そりゃー、ある側面では相手の方がすごいのかもしれないけれど、また違う側面ではあなたの方がすごいことも当然あるわけです。

で、これは「当たり前」のことなんですよ。それこそあなたが「師匠」と崇めている人が全部が全部、あなたよりすごい、なんてことは2000%、ありえない。何かは相手の方がヘタクソってことは、探せば必ずあります。

■あの人はすごいし、私もすごい。でイイと思う。

だからこそ、殊更に相手をすごいと持ち上げる必要なんてない、と私は言いたいのです。すごいすごいと、相手のことだけを殊更に持ち上げていると、自分は大したことないというメッセージが自分の中にドンドン入ってきてしまって、自信が大きく損なわれていってしまいます。もう一度言いますが、もったいないと思うんですよね。

たしかに、憧れのあの人はすごいのかもしれません。でも、それと同じぐらいあなたにも、すごいところはあるはずです。私はそれを大事にしてほしいと思うんですよ。とにかく、最低でも褒められたら謙遜せずに、ちゃんと受け取ってほしい。これは強めに言いたい。

それでもなお、相手がすごい…ってクセが抜けないのであれば、「あの人はすごいなぁ、でも私もすごいよ?」というように、相手だけでなく自分のことも褒めてやってください。たったそれだけでも、萎れた気持ちがだんだんと力を取り戻して、自信がついてくると思うんですよね。