大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

ありのままと程遠い形の「相談もどき」をするなら、軽々しく話さない方がいい。

相談は、すること以上に、する相手も大事なんです。

f:id:kantanstresskaisyou:20151117164833j:plain

■ストレスが溜まったとき、話を聴いてもらうのは有効な手段。

こんばんは。心理セラピストのキタダハルキです。

ストレスの解消手段のひとつとして、誰かに話を聴いてもらうという手段をとっている方、結構多いと思います。

事実、私自身もストレスが溜まったときは話を聴いてもらっています。気分がリセットできるのでね。本当に助かっています。

■ただ、「話す相手」は相当選んでいます。

というのも、話す相手を間違えると余計にストレスが溜まるからなんです。

良くある失敗例として…知り合い・ちょっとした友人レベルでしかない関係の人に相談してしまって、理解が得られずかえって傷ついたり…はたまたしっかり聴いてもらえずに流されてしまってただの傷の舐め合いになったり…というのがあります。

これじゃあ、ストレス解消どころか、よりストレスが溜まることになってしまいます。

■打ち明けることに抵抗がかからない人に相談するのが大事。

では、どうしたらいいのでしょうか?

大切なことは、本音で話せる人に話すということです。言い換えると、打ち明ける際に抵抗のかからない方に相談するということです。

というのも、抵抗がかかってしまうと、話す内容が「ありのまま」から程遠い形になってしまい、結局本質に届かないからなんですよね。だから、相談したとしても「話を聴いてもらえた気がしない」んですよね。で、結局ストレスが溜まったまんま、となりがちなんですよ。

もっというと、ありのままと程遠い形の「相談もどき」をするなら、軽々しく話さない方がいいと思います。話せば話すほど、問題の争点からズレていって、「聴いてもらえた気がしないストレス」を増強するだけですからね。

■ありのままを話せる方に相談するのが、問題解決への近道。

大切なことは、ありのままを話すことに抵抗がかからない方に相談するということです。少なくとも、話の争点がずれるような人には相談しない!

そうすれば、問題がスッキリと解決する確率が高まっていきますよ。