読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

素直であれば、自分を見失わずに済む。~素直になれるシンプルな方法。

この写真ほど、ストイックじゃなくてもいいけれど…素直さは大事なんです。

f:id:kantanstresskaisyou:20151105185122j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

抑うつ症になった経験から、復活ー。

この一連の流れを通ってきた私が、現在最も大事だと思っていること…それは「素直」であること、だと思います。理由はごくごくシンプル。自分を見失うことを防げるから、です。

私が抑うつ症になった最大の原因が、自分の気持ちをごまかしたからでした。腹立ったとかムカつくとか気に入らんとか(全部一緒か…笑)、特にそういう「負の側面」について、「こんなんじゃダメだ」みたいにイイ子ちゃん状態を作ってしまって、本来の自分からどんどん乖離してきて苦しくなった…という、ね。

そして、カウンセリングをする立場になってからの経験も加味すると、素直じゃない人って、自分の問題がなっかなか解決しないんですよ。惜しいところまで来ているのに、自分で問題から逃げてしまう、というか。というか、もっと正確に言うと「問題解決できない自分」という人格が習慣づいているんですよね。

これはどういうことかというと…

■本音を仮面で隠すと、問題があることが「普通」になってしまう。

問題を長年持っているってこと=問題があって普通。

こういう図式があるわけですよ。

だから、カウンセリングなりで問題が解決しそうになると「恐怖」なんですよ。普通じゃなくなってしまうからね。で、問題解決から逃げてしまう。こういう例、そこかしこで目にします。

問題を解決したいはず、なのにね。

こういうことが起こってしまう原因こそが、素直じゃないからなんですよね。自分自身の本音を仮面で隠すことが習慣になってしまって、いつの間にか「隠す」っていう意思が働いていた状態から、「うずもれる」っていう無意識の状態へと悪化していきます。

このようにして、本人が自分自身を見失った状態になってしまうのです。作ってきた仮面が、あくまで仮面にすぎないということが自覚できなくなってしまうのです。当然ですが、問題の本質は仮面にあるわけではありません。その奥にうずもれた本音にこそあるわけで。だから悩みを相談したりしたところで、上滑りしてしまうわけです。

こうなってしまうと、いつまで経っても「問題を解決できないストレス」を抱え込んでしまうことになり、非常に健康に悪いんですよね。

■素直になりたいなら、欲に忠実になろう。

だからこそ、素直な気持ちを持つことは本当に大事なんですよ。その方法は実にシンプルです。それは、自分の欲に忠実になること、コレが大事です。

やりたいことやって、言いたいこと言って、ってことですね。なんだそんなことかとお思いになる方もいらっしゃると思います。ですが、コレをしない方は本当にたくさんいらっしゃいます。そして、しない理由として考えられるのは、そんなことしたら嫌われる…というような他者中心の気持ち(常識ともいう)です。

ここでお伝えしたいのは…「嫌われる」というような他を思う気持ちがある方が多少欲に忠実になったところで、大きなトラブルになることはそうそうないということです。

なぜなら、そのような方は周囲から見るとすごく我慢している方に見えているケースがほとんどで、「あぁ、やっと素を出してくれたか」ってなることがほとんどだからです。

■我慢して頑張っていても、それはバレます。

いつもいつでも我慢している方は、しっかりしていると思われる一方で、周囲に圧迫感を与えてしまうこともあります。つまり、周囲の方々に無意識のストレスを与えている可能性も高いんですよね。我慢していることが、かえって周囲の迷惑になってしまう。コレ、本当に報われないですからね。

さて、長々とお話ししてきましたが、大切なのは「自分の声に素直になる」ってことです。我慢して頑張っていても、それはバレます。私は、自分の「欲」、たまには叶えてあげてもいいと思います。

…あなたは、どう思いますか?