読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

我慢を悪者にして、物事を投げ出すのはどーかと思う。~ゴールが見えているなら、我慢しないと損。

仕事が「うまくいかない」ときに読む記事

鬼にはならんでエエけども、やっぱり我慢ゼロはあり得ないんですよね。

f:id:kantanstresskaisyou:20151116132323j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

我慢。この言葉を聞いて、ポジティブな気持ちになる人ってまぁいないと思います。耐える…耐える…我慢する…こんな感じがいつまでも続くと当然身体に悪いです。私が抑うつ症で身体を壊したのも、「我慢」が原因の一端を担っていましたしね。上司になにを言われても、我慢して我慢して…ってやっていたら気持ちがつぶれてしまったわけです。

こんな入り方をしておいてアレなんですが、物事には「例外」ってモンがありましてね。つまり、我慢してもいい…否、我慢した方がいいケースっていうのもあります。

今回は、その「我慢をした方がいい」というのはどんな場合なのか。そのお話しをしていきたいと思います。

■ゴールが見えているなら、我慢しないと損!

それは、我慢すればいい結果に結びつくことが明白なときです。例えば、「あと数日待てば給料入る」みたいに、ゴールが完全に見えている場合。…ぜーーーったいに、我慢した方が「得」ですよね?このタイミングでサラ○でお金借りて衝動買いでもしようもんなら、その後の後悔は計り知れないわけです。

このケースの場合、どう見たって我慢をした方が結果的にストレスが小さくて済む、というわけです。

■我慢を悪者にして、物事を投げ出すのはどーかと思う。

さて、なんでこんなことを言いたくなったかと言うと、心理セラピー業界では「我慢」が悪者にされてしまうことが非常に多い…そして、その「我慢」があとわずかに足りないことによって、いつまでも同じ失敗を繰り返すっていうループにはまってしまう人を本当に数多く見てきたからなんです。

よくあるパターンについてお話しすると…物事には「ちょっとうまくいかない」タイミングってあるじゃないですか。完全な右肩上がりなんて、人生においてはあり得ないわけで。それなのに、その「伸び悩み」のタイミングが来るとなんたらの一つ覚えのように、「あ、私我慢しちゃってる!」みたいに発想して、なんでもかんでも投げ出そうとするっていう…

もうね、なんというか…もったいなーとしか表現しようがないんですよね。

■我慢のし過ぎはよくないけど、我慢そのものは必要なことが多い。

私が思うのは、我慢は「し過ぎ」がよろしくないだけであって、我慢そのものは必要なときの方が多いってことです。

私、ギターやってるんですが、最初は弾けないからなかなか楽しくならなかったんですよ。でも、その季節を我慢して乗り越えて、練習した結果弾けるようになってきたわけで。物事の修練なんて、ほぼほぼこういうステップが必要じゃないですか。こういう「こらえ性」は、ないと絶対に損やと私は思うんですよ。

私は、我慢も必要なものだと思っています。

ていうか、我慢が全く出来なかったら人間生活に悪影響です(笑)。明確に目標があるなら、少しこらえてみる。それぐらいは、やってみてもいいんじゃないかなと思います。

やった上でうまくいかなかったら、他の方法を考えてみる。こういうステップが「自然」なんじゃないかな、と思います。