読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

「荒削りプラス思考」のススメ。~プラス思考がなかなかできない、というあなたへ。

自分に自信を持てる考え方 会社・仕事のストレスを簡単に減らすテクニック 仕事のやる気が出ない、出したいときに読む記事

「お釣り」が教えてくれた、プラス思考のコツ。

f:id:kantanstresskaisyou:20151116135717j:plain

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

私は先日、このような記事を書きました。

kantanstresskaisyou.hateblo.jp

前向きな意見は、時として害になります。分かっとるけど、辛いねんっていうやつですね。ただ、事実「プラス思考」が安定して出来れば、やっぱりストレスをうまく解消できるんですよね。タフな人は基本、何があっても基本の態度は「前向き」なんですよね。

それに、マイナス思考には「慰み」はあっても「前進」はないんですよ。辛いね、という気持ちに共感してもらうことは大切かもしれないけど、実際に現実が好転するのは「前向きな気持ち」が持てたとき、ですしね。

ただ…私自身もそうでしたが、抑うつ症レベルのストレス状態では、プラス思考が難しい、というか…プラス思考という発想そのものがないような状態になるんですよね。

どんなに前向きに考えようとしても、最終最後、現状の「抑うつ状態になってしまった自分」をネガティブに捉えてしまい、やっぱりオレはダメなんだ…その繰り返しの中にいたわけです。ですが、こんな「マイナス思考」状態だった私でも、今ではプラス思考が腑に落ちるようになってきたんですよね。

きっかけは、本当に単純な出来事だったんですよ。

■「おつり680円」がもたらした、イヤーな予感…からの。

ー電車に乗ったある日のこと。私は駅で乗り越し精算をしました。1,000円札を入れて、おつりは680円。…この時点で私は嫌な予感がしていました。

…ザザザザ…

やっぱり百円玉六枚…十円玉もたっぷり…これ、結構私はイラッとするんですよ(笑)この日は1000円入れましたからしゃぁない、ってのはありますが、お釣りをそれなりに計算したとき(50円玉と500円玉でお財布軽くなるな、って感じの)は特にムッとしてしまいます…。ですが、その日はイラッとしただけでは終わらなかったんですよね。

…ま、お金増えたし、いいわ。とね。

もちろん増えたのは見た目上だけですが、こういう小さいことも、立派なプラス思考です。…いかがでしょう。これぐらいであれば、わりと簡単ではないですか?つまりは、プラス思考って、これぐらい「荒削り」でも成り立つんや、って気づけたわけです。

■プラス思考ができなかった理由は、「完璧主義」だったから。

おそらく、以前「プラス思考」がなかなか出来なかったのは、完璧な、穴のない、プラス思考をしようとしていたからなんですよね。理想だけが高くなって、気持ちがしんどくなって、プラス思考なんてしんどいだけだ…といったふうにやさぐれていたわけです。

ですが、プラス思考の目的って、完璧にやることではなく、気分を安定させることですしね。気難しくやる必要なんて全くなくて、むしろ適度に荒削りでちょうどいいように思います。それこそ究極、プラス思考なんてどうでもいいかぁ、ぐらいの発想でもある意味OK、なんですよね。マイナス方向に考え込まなければ、ラクになりますからね。

ということで…あなたも、「荒削りプラス思考」、試してみませんか?巷のストイックなプラス思考よりも、遥かに「ラク」ですから。