読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

自分では仕事を頑張っているつもりなのに、なぜか仕事がうまくできない・つまんない…という会社員のあなたへ。上司と合わなくて抑うつ症を発症し、新入社員の座から9か月で逃げ出した落ちこぼれ会社員だった私でも、リピート率93.7%の独立系心理セラピストへと転身するに至った、「会社に依存しなくても社会でやっていけるようになる」マインドについて、体験を交えてお伝えするブログです。

「前向きな意見」がしんどいなと感じたときに読んでください。

仕事が「うまくいかない」ときに読む記事 仕事の「コミュニケーション能力」を上げたいときに読む記事 会社・仕事のストレスを簡単に減らすテクニック 仕事を休みたいぐらいの体調不良のときに読む記事

周囲の前向きな意見に、疲れてしまったあなたへ…

f:id:kantanstresskaisyou:20150922211135j:plain

こんばんは。心理セラピストのキタダハルキです。

ストレスが溜まって、うつっぽくなってくると、人の前向きな意見(ex.みんながんばってるんだから、とかね)を、「きれいごと」だと突っぱねたくなる傾向が出てきます。

わかっとるわい、そんなもんってやつですよね。

一見、こういう突っぱねって良くないことのように感じると思うんですけど…私は他人の言う「前向き」を無理に受け入れる必要は無いと思います。前向きになりたくない、という本音に逆らったところで、効果ないですしね。効果がないだけならまだしも、余計に体調が悪くなる可能性も高いです。

ただし、「露骨」に突っぱねるのもどうなんだ、ってのは当然、あります。

というのも、前向きな意見を言うこと自体が「悪ではない」からです。前向きな意見だって、立派な一意見です。時にはそういう言葉の方がフィットすることだってもちろんありますしね。

むしろ、思いやりを突っぱねることで人間関係が壊れてしまって、より、ストレスが溜まるような環境になってしまう可能性が高くなります。

これは、当然望ましくないことですよね。そこで、今日はそういう「気分が乗らないときの前向きな意見」を、うまく扱う方法についてお話ししていきたいと思います。

■前向き意見を突っぱねずにうまく扱う方法とは?

実は「前向きアイデア」を押してくる人って、あなたのことをあまり見ていない可能性が高いんですよね。よく観察している人なら、ヘタな対応はマズい…と、状況を見て慎重に声掛けしようとしますしね。ただ、先ほども言いましたが、「前向きなアイデア」自体は悪ではありません。

目の前にいる相手が元気がなさそうだ…

元気づけたらいいんだ!

コレぐらいにシンプルな気持ちで言ってくれていることが多いんですよね。ですので「うん、なるほどね、ありがとう」と言って流しておけば、その場は済むと思います。

何度でも言いますが、元気づけようとしている人に悪気はありません。

だから、それを突っぱねることには何のメリットもありません。その「突っぱねエネルギー」が波及して、どんどん人間関係が悪くなってしまいます。相手は良かれと思ってやっていますからね。

■励ました相手には相手なりの「思いやり」がある。

しんどいときに前向きな励ましをされることは確かにしんどいもの。私も、病気がピークだったときは、どんな言葉も正直、辛かったですし、直接は言わないまでも「ケッ、お前になにがわかる」ぐらいのことは思っていたように思います。

ですが、励ました相手には相手なりの「思いやり」があります。だからこそ、その励ましの内容は一先ず置いておいて、元気づけようと、気にしてくれたことに感謝を示してみてください。

そうすれば、相手も自分も傷つけない、理にかなった対応ができると思いますよ。