読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫。会社、辞めても生きていけるで。

就職浪人してまで入社した会社を、抑うつ症のためわずか9か月で退職した私が、会社に所属しない道を選び、独立してメシを喰っていけるようになるまでに大事だなと思った心構えについて綴ったブログです。

仕事のストレスを、簡単に解消できる方法をお伝えいたします。

このページをご覧くださってありがとうございます。心理セラピストのキタダハルキと申します。

f:id:kantanstresskaisyou:20151119185050j:plain

このブログでは、仕事のストレスを簡単に解消できる方法をテーマにブログを書いていきたいと思います。

■私が、このようなブログを書く理由。

なぜ、私がこういうブログを書こうと思ったのかというと…

私自身が、かつて仕事でのストレスを上手く解消できなかったことが原因で、抑うつ症を発症し仕事を休職、のち退職(しかも新卒たったの9か月)し、当時結婚を意識して付き合っていた彼女にもフラれ、人生の歯車が大きく狂ったからなんです。

もし、このとき大きく歯車が狂っていなかったら、今頃は会社の中でもなんとなく仕事が分かり始めて、恋愛もそれなりにしつつ、といった、いわゆる「普通」の社会人として、リスクの少ない安定した人生というルートを歩んでいた…

おそらくこんな感じの人生だったんじゃないかと思います。

■ただ、私は今、病気になってよかったと感じています。

ただ、私はこの抑うつ症発症からの一連の流れは、むしろ運が良かった、ぐらいの想いを持っています。というのも、実は学生時代におぼろげながら持っていたんですよ。「相談業」やりたいっていう夢をね。この夢に早い段階で舵を切ることが出来たのは、会社を辞めることが出来たからですし、その仕事のご縁で人生のパートナーと巡り合うことも出来たんです。

二人三脚で大好きな仕事をしながら送る人生は相当に刺激的だし、何より、会社にいるころは見えなかった…「自分の人生を自分の力で動かす」という可能性が、ビジネスを通じてクライアントさんの人生が変わっていくさまを目の当たりにすることで、毎日実感することができるということに喜びを感じています。

断言しますが、今送っている人生は抑うつ症という病気が導いてくれたものです。

■いろいろと段階を踏んだから、ここまでこれた。

…と、簡単に言いましたが、抑うつ症の発症からここまでやってくることが出来たのは、もちろんそれ相応の「段階」を踏んできたからです。

発症当時…2011年の私は、それこそストレス解消がド下手でしたから、そのままじゃまた同じような失敗をするのは目に見えていたわけです。

だからこそ、状況の改善…ストレスの解消を上手に出来るようになるために、本を読んで、実践して、というような繰り返しをして、ストレス解消テクニックを身に付けていきました。

そのかいあって、現在のセラピストの仕事でもストレスはあるんですが、簡単に解消への道筋を立てられるようになりました。その道筋について、このブログで余すところなくお話ししていきたいと思います。

それでは、よろしくお願いいたしますね。